Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

100時間で一つの言語を習得する。

僕は今「100時間で一つの言語を習得する」チャレンジをやっています。このチャレンジは『最初のペンギン ストーリーでわかる!らくらく外国語習得術』という本を参考にしています。対象言語はイタリア語です。ここでの習得っていうのは「日常会話」レベルです。2013年に一回チャレンジしたのですが挫折しました。2016年2月11日から再開して現在46時間学習しました。100時間の内訳は以下の通りです。

 

1、簡単な文法書を人に説明できるまで周回する。(40時間)

僕は『しっかり身に付くイタリア語トレーニングブック』を使用しています。

各文法事項を人に説明できるまでやりこんでいきます。40時間が目安となります。

文法書を選ぶ点で重要なのは以下の4点。

①CDがついていること

②カタカナのルビがふってないこと

③細かくないこと(大雑把な説明でいいです)

④薄いこと(あまり厚いと挫折する)

正直今僕が使用している文法書は厚いですけどね...

 

2、フレーズ集でアウトプットの土台をつくる。(30時間)

僕は『口が覚えるイタリア語 スピーキング体得トレーニング』を使用しています。

このフレーズ集をCDを聴きながら自然とフレーズが口から出てくるまで繰り返します。覚えようとせず、「自然と」がポイントです。約30時間でフレーズを言えるようになると理想的でしょう。発音をしっかり気にすることが重要になってきます。イタリア語は日本人には発音しやすい言語なのでその点では大きな苦労はありません。

 

3、skypeなどで外国人とコミュニケーションをとってみる(30時間)

これはまだどうやるかは考えていませんがそういったサイトがいくつかあるそうなので後々紹介します。まだこの段階に入ってないので。詳細には語ることができません。

外国人とコミュニケーションすることによってよく使う表現であったり、言い回しなどを身に着けて「自然な会話」になるまで上達させるつもりです。

 

100時間チャレンジが終了したら、イタリア語検定3級に向けて学習を継続させる予定です。文法、語彙力、表現力をガツガツ身に着けていきます。そしてイタリアに旅行に行きます!来年あたり。現在大雑把ですが「アップデート計画2.0」の構想を練っています。その中に海外旅行が含まれているので、イタリアを候補にいれておきます。というか目の前のこと(1.0)に集中しろって感じですね。読書計画が大幅な遅れをとっているのでスピードアップして物事に取り組んでいきます。

チャレンジ終了後にまた別記事でもっと詳細に書く予定です。