読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

TOEIC860点以上は大したことない

TOEIC860点以上は受験の状況にもよりますが、平均して上位5%に入ってくるレベルです。「上位5%」と聞くとけっこうすごそうな感じがしますが、全く大したことありません。

僕は今875点ですが自分の英語力はダメダメだと思っています。ダメダメだと思っているから毎日英語を勉強するのが楽しいんですけど。

 

1、上位5%は具体的に何人くらいか。

TOEIC受験者数は毎年約240万人のようです。なので(同じ人が何回も受験している場合があるのではっきりとはわからないけど)上位5%は約12万人いるということです。12万人ですよ。本当に大したことない点数ですよね。860点以上って。ちなみに900点以上で上位1%らしいですけど、これでも2~3万人いますからね。さいたまスーパーアリーナの最大収容人数が(調べたら)37000人なので、「900点以上の人は全員さいたまスーパーアリーナに集まってください」と言えばギッシリ埋まるわけです。希少価値がそんなに高いとは思えない。だったら上位5%はもっと大したことない。

 

2、だからこそ言い訳できない。

いくら勉強しても点数上がらないとか、自分には英語の才能がないとかいう様々な言い訳は通用しない。12万人も860点以上の人がいるのであれば才能の有無は全く問題にならないです。ただの努力不足だし、努力が不足しているだけだからもっと情報収集して頑張ってほしい。

 

3、高校の基礎+問題集

高校レベルの基礎的な英語力があれば730点は到達すると言われています。がむしゃらにTOEIC用の参考書、問題集にかじりつくのではなく、高校レベルの文法は人に説明できるまで自分の中に落とし込んであるのか、語彙力(約5~6000語)はちゃんとあって無意識化されているのか(簡単に言ってしまえば1秒以内に意味が頭に浮かぶか)を確かめてください。これらのことに自信があるのであれば本番形式の問題集をやりこみましょう。これで(もちろん断言はできませんが)860点以上いくはずです。

 

4、TOEIC900点超えてからスタートだし、そこからが面白い。

僕はこういう認識でいます。英語に限らず語学は全く終わりが見えない。勉強すればするほど自分が入り込んだのは水たまりではなく、果てしない大海原だと知ることができます。僕はまだ900点を超えていないですが、なんとなく肌感覚でわかります。やりこみ要素満載のゲームをやっているようで、本当に面白いです。もちろん目的は世界の人々とコミュニケーションできるようにすることだし、もっと先鋭化させてお金を稼げるレベルにまで到達したいと思っています。通訳、翻訳など色々な仕事がありますから。少なくとも試験で言い点をとるためだけに語学の勉強をしているわけではありません。