Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

貯金するのはやめにしました。

今遂行中のアップデート計画1.0には「300万円貯金する」という目標があったのですが、もうやめにしました。我ながらやめるの遅すぎだと思っています。やめたのは以下の理由です。

 

1、お金は概念であり、交換手段に過ぎない。

お金とは当たり前のことですが、交換手段にすぎません。紙幣や硬貨という具体的な形をもっているものの、それ自体に価値はないのです。交換という場になって初めて価値を出す。なのでいくら貯めていても何の意味もない。ただの紙切れです。こんな当たり前のことを知っていたのにもかかわらず、300万円貯金という目標を立てることにしばらく矛盾を感じていなかった自分にゾッとしています。

 

 

2、じゃあ「稼がなくていいのか」というとそういうことじゃない。

貯金するということをやめただけでお金を稼ぐことをあきらめたわけではありません。

お金を稼ぐというのは決して「汚いこと」じゃない。というか汚いことをしてお金を稼ぐなんてこんな情報化社会の中だと自殺行為でしょう。ある人が提供しているモノやサービスに多くの人が納得して、それを得ることによって幸せになる。そして提供者は多くの人に信用される。その結果お金をたくさん稼げるようになる。お金を稼ぐというのは人々が幸せになるようなモノやサービス、価値観を提供することであり、もっと積極的に行われるべきことなのです。残念ながら現在の自分は、そういう段階にありません。しかし、これから圧倒的に努力して多くの人が幸福になれるようなものを提供していきます。

 

3、稼いだお金は投資する。

この「投資する」というのは、お金をあらゆるものの原動力として投入し、将来的に見返りを得ることです。

貯金せずに投資する。一つの原動力としてフル稼働させる。また新たなものを提供できるようになる。結果としてまた新たなお金を生み出す。そしてまた投資する。これが本来のお金の上手な使い方です。お金を使わないで(特に何の目的もなしに)貯金するのは自分にも社会にも害悪です。守銭奴は市場から嫌われます。というか締め出されます。いても意味ないですから。お金はエネルギー、原動力です。エネルギーをためたままにして何の意味があるのでしょうか。貯金することは「真面目、堅実」じゃないですよ。本当に今までの自分を反省しています。

 

僕がこういう考えに至ったのは『投資家が「お金」よりも大切にしていること』という本を読んだからです。良書は人の考えを根本からひっくり返しますね。