Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

カオスから導かれること

僕は今日『宇宙を動かす力は何か』という本を読みました。読んでいて「カオス」に関する記述があり、面白いと思ったのが「笹船が川を流れていく時の法則は「流体力学」で理解することができるが、初期条件の違いで、笹船は流れる度に(従っている法則は同じなのに)全く違う動きをする。これがカオスだ」といった主旨の記述です。

 

僕は「これは人間の行動にも当てはまるのではないか」と考えています。

世の中には色々な成功体験を書いた本、成功体験を共有するセミナーなどがありますよね。たくさんそういった本を読んだり、話を聞いたりしていると、成功者に共通している「法則」が見えてきます。

・情熱をもって物事に取り組むこと

PDCAサイクルを徹底的に回すこと

・練習ばかりでなく本番の場に多く立つこと

などなど。(正直言って自己啓発本をほとんど読まないのでわからないですけど)

まだたくさんあると思いますが、もう飽和状態といってもいいくらい自己啓発系の情報は発信されている状況なのに、そんなに多くの人が何か成功しているわけでもなさそう。

「法則」を知っていて、その通りやっているのに成功から遠のいていくばかりというのは、最初に挙げた例と同じ「初期条件」の違いからきているのではないか。

流体力学にしたがって笹船は動いている」という法則を知っていても、初期条件がわずかに違うだけで岩にぶつかって大破する笹船や下流までスムーズにくだる笹船もあります。全く同じ「初期条件」を設定することは不可能です。ましてや人生なんて誰かと誰かの「初期条件」をそろえるなんて不可能です。

人生も「カオス」に従っているんです。ただ笹船と人間の違いは「軌道修正」できることです。岩にぶつかりそうになったらそらすことができるという点で。「初期条件」を修正することはもちろんできません。

 

結論としては、自己啓発本自己啓発セミナーみたいなのに通って、いくら法則を知ったところで、成功という結果に結びつくかはわからないということです。みんな成功した人と「初期条件」が違いますからね。

 

じゃあ何ができるのかっていうと「ひたすら自分のアタマで考え抜くこと」です。

法則ばかり知ろうとするのではなく、岩にぶつかったらどうやって次はぶつからないようにするか考える、自分で船を強化し、方向を決定づけていく。

それぞれ「初期条件」が違うので、自分でどうにかするしかないのです。

何かにすがっているようじゃ、何も得ることはないでしょう。