読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

相手に期待しすぎないこと

交際している異性や家族など、距離が近いほど相手を知った気になって

「相手は自分の思った通りに動いてくれるだろう」と勘違いしてしまうことがあります。

しかし、人はどれだけ距離が近づいても、完全に理解できるということはありません。

これに気づかず、勝手に相手への期待が大きくなっていく人が多い。

 

悪化すると相手の行動を監視、もしくは制限するようになります。

不安でイライラしますからね、自分が想像していない行動をとられると。相手への期待度が高すぎる人たちは。

 

交際している異性には「束縛」ととらえられます。

親は子どもに「毒親」ととらえられます。

 

どれだけ関係性が緊密でも、他人は他人です。人それぞれの人生があります。

僕は付き合っている女性が期待度MAX女だったら、かなりきついです。

・LINEをこまめに返信してくれると期待している。

・今何をやっているか報告することを期待している。

・記念日は忘れず、必ず何かやってくれると期待している。

・自分の感情をしっかり読み取って、毎回ちゃんと対応してくれることを期待する。

など。重い。

すぐ別れると思います。

 

「毒親」は別に統計をとっているわけではないので、正確にはわかりませんが、周りには結構います。

例えば

・厳しい門限を設定している

過ぎるとブチ切れ。下手すれば家にいれてもらえないという話を聞きました。

高校生とかならまだわかりますが、大学生、ましてや20歳を超えているのに門限を設定する理由が見当たらない。

我が子の身の安全を考えてやっているのでしょうが、門限を設定しないで好き勝手やらしたほうが、自分で危機管理するようになるのでは?と思いますが。

僕はまだ親になっていないので、気持ちがわからないのかもしれませんね。

 

・過度な「受験プレッシャー」をかける

中学受験や高校受験、大学受験など日本には節目節目に受験があります。

我が子を有名大学に入学させたいがために、大金を払って塾に行かせ、「偏差値が高くないとまともな企業に入れない」という嘘を吹き込んでいくわけです。

お母さんはご近所さんの目がある。4月ごろ一斉に、ご近所同士の腹の探り合いが始まる。

子どもの進学先でヒエラルキーが決まるようです。傍から見てて滑稽ですけど、本人たちは必死です。

無駄に高まった期待感の中、子どもは受験に乗り込んでいくわけです。

子どもは本当に好きで勉強していますか?

「やらなかったら怒られる」なんて理由で勉強してたら、報われないでしょうね。

 

上の例のように「相手に期待しすぎる」「自分の思った通りに相手も動くと思う」ことは、相手を幸せにしないんです。

 

相手に期待しすぎず(全くしないのは、相手も落ち込んでしまうでしょう)適度な距離間で接する。「会って二人で、あるいはみんなで楽しく過ごせたらいい」くらいがちょうどいいかも。

 

自分の人生を優先に生きよう。