Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

『竜馬がゆく』を読んで

司馬遼太郎の大作竜馬がゆく全8巻を読破しました。

ずっと家に置いてあったんですけどね。なかなか手が出せずにいました。

いざ読み始めるとメチャクチャ面白いし、「自分も坂本龍馬のように生きたい」と思う人も多いのではないか。

 

 

大雑把に竜馬の功績を並べると

薩長同盟の仲介役

船中八策大政奉還のもと)の考案

など。

近代日本の礎を創ったといっても過言ではない。

もちろん坂本龍馬一人の活躍で、上のようなことを成しえたわけではありません。

勝海舟中岡慎太郎など、竜馬の考えに賛同し、協力したものが沢山いました。

 

最終巻では、よく知られている通り近江屋で中岡慎太郎とともに、京都見廻り組に暗殺されます。(新選組という説もありますね)

文字だけでしか坂本龍馬を把握できないのに、殺された時はものすごい喪失感を味わいました。何もかも受け入れる器のでかい人間。それが『竜馬がゆく』で描かれる坂本龍馬です。

 

坂本龍馬の行動からは現代に住む僕たちも十分学べることがあります。

いくつかあげてみましょう。

 

・考えるより、まず行動!

坂本龍馬は「これだ!」と決まったら真っ先に体が動きます。

細かいことは気にしないのです。もちろん失敗も多々あります。

せっかく手に入れた船を壊してしまったり、壊されてしまったり。

しかし、そんな時でも「じゃあ次はどうしたらいいだろう」と考えます。そして行動にうつします。

あれこれ考えず、「えいや!」とやってみることが重要ですね。

 

・本質は何か理解しており、それに基づいて行動する

幕末の時代、今以上に上下関係厳密さや様々なしきたりがありました。

坂本龍馬は、そういったしきたりや慣習にとらわれず、「この時代に生きる自分たちにとって「本当に重要なこと」は何か」という視点で物事を考えます。

 

「国民が主体となって運営する国にしていきたい」 

坂本龍馬がとる行動は全て、この考えで一貫されています。

強烈な佐幕派などは除いて、こういう考えを持った人自体は、坂本龍馬以外にも多くいたでしょう。

しかし、自分の生まれや他の人々との関係性、時代背景のせいでこれを打破しようとするような行動をとれずにいた。

最悪斬り殺されますからね。現代とは比べ物にならないリスクがあったわけです。

それでも物事の本質に基づき行動した。僕たちも学ぶべき姿勢です。

 

・自由に生きるためにリスクをとる。

坂本龍馬は26歳の時、土佐藩を抜け出します(脱藩)

当時脱藩は重い罪でした。「斬り殺されるかもしれない」というリスクを負ってまで脱藩した理由は「自由になるため」でした。

武市半平太を中心とした勤王派は過激化し、土佐藩という小さな世界でいわゆる「本質的でない行動」が起きていることに嫌気がさし、竜馬は脱藩をしたと言われています。

世界で活躍したい坂本龍馬にとって、藩という小さな世界で、どうでもいい考えにほだされ、勝手に熱狂していく様を見ていられなかったのでしょう。

現代でも社会のよくわからない小さなルールにこだわり、どうでもいいことに執着する人がたくさんいます。

そこから抜け出すことは確かにリスクが伴います。

でも、現代において「斬り殺されること」はまずない。リスクを簡単にとれる時代。

自由になるための努力は惜しむべきではない。

 

他にも沢山学ぶべきところがありましたが、特に強い印象を持ったのは上の3つ。

いつの時代も世の中を変えるのはこういう性質を持った人です。