読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

「英借文」の限界と「日本語ルール」持ち込み禁止について

先日、仕事中にトレーニングの一環で、和文メールの英訳を頼まれました。

海外事業を手掛けている人にも同じ和文が送られていて、僕が英訳した文章と海外事業に取り組んでいる人が英訳した文章を比較して、今後につなげていくという内容。

 

 

英訳はそこまで得意ではないのですが、任されたので、持っている英語力を活かして、

英訳をしました。

そして、海外事業の上司の文章と比較。

 

全然違いました。

 

僕は日本語の直訳のような幼稚な文章をつくることをできるだけ避けたつもりでしたが、まだまだ直訳のような文章でした。

上司の文章はポイントはおさえつつ、流れに合わせた適切な英語を書いていました。

 

なぜここまでの差が生まれてしまったのか考えてみました。

 

英借文には限界がある

受験生時代によく言われていた、「英作文は英借文」というフレーズ。

ある程度までは事実です。基本的な文法を把握した後、ひたすら定型文を自然と口から出てくるまで、反復。日常会話くらいは独学でもできるようになります。

あと、適当なテーマを決められたら、定型文のストックがあるので体裁だけは整えることができます。

しかし、書く内容が難解だと英借文では対応しきれない部分が出てきます。

 

文章の内容がわかっていないと適切な表現を使うのは難しい

今回、英訳を頼まれた和文の内容は、ほとんど理解できないものでした。

文章の流れをおさえていないと、いくら英語ができても、書くことはできません。

まず、日本語の文章の内容を理解しているかどうかを確認したほうがいいです。

英語が話せる、書けるのと、翻訳することは全く質の違うものです。

 

日本語のルールのまま英語に変えると弱い文章になる

日本語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。英語にもこれらに類似した表現があります。過去形を使った表現ですね。

would like toやCould ~?等です。相手との距離が縮まっていない時に用います。

ただ、日本語の表現と英語の表現は「類似」しているだけで「同じ」ではありません。

日本語は全体的にぼかした表現、曖昧な表現を好みます。

しかし、英語圏は基本的にYESかNO。曖昧な表現を嫌います。

なので、日本語特有のルールを持ち込んで、英語にすると、何が言いたいのかはっきりと伝わらず、弱っちい文章になってしまいます。

相手はよくわからないので、スルーする可能性が高いです。

日本語ルールを英訳する時に持ち込むのは禁止です。

 

と、つらつら書いてきましたが、僕は今回日本語のルールを持ち込んでしまいました。

できるだけ避けようと思っていたのにも関わらず。

なので翻訳にしろ通訳にしろ、一朝一夕にはできません。

英語が得意でも、特別な訓練を集中的にやる必要があるのだと今回、頭でだけでしかわかっていなかったことが、実際の感覚として感じました。

 

英語にせよ何にせよ、語学の世界は本当に奥が深い...