Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

書店、図書館に行くのは刺激になるという話

本を買うとき、皆さんはどこで手に入れていますか?

最寄りの本屋さんに行くこともあれば、図書館に行くこともある。

最近はAmazonなど、ネット上で購入する人が多いですね。

僕もたまにAmazonで購入しています。

 

 

ネット上でサクッと本を購入できるのはすごい便利だし、上記の通り、僕も利用しています。わざわざ外出する必要もありません。

しかし、僕はあえて書店に行ったり、図書館に行きます。

 

理由はこれ。刺激をもらえるから。

書店や図書館に行けば、自分が今まで興味のなかった本も否応なしに目に入ってきます。

ネットショッピングだけだと、自分が欲しい本を検索してポチッとボタンを押すだけです。あと中身をパラパラみることもできない。

素晴らしい本に出合う可能性が狭まってしまうと僕は考えています。

「え、タイトルは微妙だけど中身パラパラ見たら、メチャ面白そう!」という本は

いくらでもあります。

そういう本に出会うためわざわざ書店や図書館に出向いています。

 

もう1つ理由があって、トレンドがわかるからというもの。

ランキング形式で紹介されている本を見て、「あぁ、今はこういう本が多くの人に読まれているのか」と知ることができます。

でも、大体僕がイケてるな感じる本はランキングには入ってこないんですよね...

ランキングを参考にするのは漫画を買うときくらいですかね。

漫画界は今までになかったジャンルが盛りだくさんで、とても楽しいです。

小学生の時から継続してきた、漫画への興味。飽きなくてよかったと感じています。

 

 

ちなみに書店は会社帰りと休日に、図書館は休日だけ行っています。

最近の図書館の楽しみ方は、「全く興味の無いコーナーに行く」ことです。

芸術、スポーツ、プログラミング、ガーデニングなどなど。

自分とは畑違いの分野に触れることによって、あらたな刺激を受ける。

自分のなかで変化したことは、デザインの本を読んでみようと思い始めていること。

芸術系の分野には全く興味がありませんでした。

しかし、いろいろな人のブログを見ていて、「読みたい」と思わせるようなブログは、デザインのセンスがいいと感じたのです。そこで図書館を徘徊していたら、デザインのコーナーに入った。パラパラめくったら面白そう。こんな流れでデザインに興味をもつようになりました。

 

次に図書館に行くときはデザイン関連の本を片っ端から借りていく予定です。

そしてブログに反映させるだけでなく、自己表現の1つとして利用していきます。

 

こういった感じで興味の幅を広げる機会を提供してくれる書店や図書館。

ネットショッピングだけでなく、こういった場所にたまには足を運んでみれば、思わぬ出会いが待っているかもしれませんよ。

 

僕が読んだ本はこちらに記録しています!

booklog.jp