Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

成熟した気になってしまうこと、ダメ、絶対。

僕は今年で25歳になります。

これくらいの年になると、同級生(9割方女性)は結婚し始め、大学卒業後ストレートに就職した人は入社3年目になり、だんだんと仕事に慣れてきたころだと思います。

僕は1浪した上、新卒入社した会社を半年で辞めていますから、入社3年目の状況は詳しくはわかりませんが。

 

さて、本記事で問題として取り上げるのは

「俺(私)年とったわ~~~~」という発言です。

この発言は、いわゆる大人とともに行動する社会人という環境に適応し始め、何か自分が成熟した人間になったという無意識(勘違い)からくるものです。

 

この発言をコアとして派生した種類のモノを思いつく限り列挙してみました。

「学生のころより酒が飲めなくなったわ~~~」

「ちょっと走るとすぐつかれるんだよね~ もう年かな~~」

「すぐ物事を忘れるようになったわ~~」

「もうオールとかできねぇわ~~~」

など

 

正直、こういった発言は大学3年、4年あたりからちょろちょろ出始めるんですけどね。

まず、酒が飲めなくなった問題。

大丈夫。まだまだいけるよ。気のせいだ。

というか、そんな事実ベースで劇的に酒が飲めなくなったら、年のせいにしてないで病院に行こう。

とはいえ酒は適量が一番気持ちがいいので、この発言はもしかしたら放っておいてもいいね。

 

次、少し運動するとすぐ疲れる問題。

会社での生活は通常一日8時間。

睡眠時間は7時間程度。

その他通勤時間が2時間程度だとしよう。

残り使える時間は、7時間。

この7時間のうちに運動に費やしている時間を算出してほしい。

(特に科学的な根拠はないけど)30分未満であれば、年のせいでなく運動不足だ。

20なんぼで体が衰えるわけなかろう。もっとエネルギーだしてみようよ。

これも事実ベースで劇的な体の衰えを感じたら、病院にいこう。

 

物忘れ激しい問題。

これはある意味年のせい。というのも別に衰えたわけではなくて、記憶の仕方が変化しているのです。

実は丸暗記型からエピソード記憶型へと人間の脳は変化するのです。

要するに

何のつながりもないけど、目の前にあるものをそのままの形で覚えることが丸暗記型。

何か別の知識と組み合わせて、つながりを増やし、記憶することがエピソード記憶型。

年をとると丸暗記型の記憶が苦手になります。

なので、覚えられないのは衰えたわけでなくて、丸暗記しようとしているから。

何かとつなげて印象付けるようにすれば覚えられます。

 

オール(徹夜)ができない問題。

無理してやる必要ない。そのままでいいよ。

 

こんな感じで大体の問題は年のせいではなく、本人の身体的変化や努力不足に原因を見つけることができます。

 

成熟することはいいことです。しかし、成熟した気になって妙に達観してしまうようになるのはメチャ危険。

直近では30歳すぎてから、「若さバリバリで20代を過ごした人」と、「何か悟りをひらいて、妙に落ち着いた生活を送ってきた人」との間には愕然とするような差が生まれていることでしょう。

切迫感を出すために30歳という区切りを設けましたが、本当は人間、死ぬまで成長すると思うんです。

自分が「大人になった」とか「ある程度成熟してきたな」と振り返ってみることは、自身の努力の跡が見えて、気持ちの良いことであるのは理解できます。

でも、そこで終わったらダメでしょ。死ぬまで勝負は終わらないのだから。

 

達観するな。全然かっこよくないぞ。