読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

就職したら終わりじゃないよ。いろんな意味で。

僕は大学3年の10月から就職活動を始め、4月に内定が出ました。

5月にその会社に就職することを決め、就職活動を終わりにしました。

 

約半年間、就職活動をしていたわけです。

本当に長いですよね。

「新卒で就職した会社がその人の一生を決める」というを信じて、就活に邁進するわけです。

人生どの段階でも、何かを決断するということは、その人の人生を決定付けるわけじゃないですか。

就職活動だけじゃない。

仕事が始まっても、死ぬほど紆余曲折があるわけです。

僕だって、新卒で入社した会社を半年で辞めてますしね。

勇気とちょっとの努力と決断力、責任感があれば、いつでも軌道修正ができます。

 

はい、就職にマジになれば、いわゆる大企業や外資やベンチャーなどなどに就職できるわけです。

「俺は○○物産だぜ~」

「私は博〇堂!」

「僕は○○自動車!」

なんて自慢しているのもつかの間。

入社してしばらくしたら気付くわけです。

「井の中の蛙」であったと。

 

世の中、優秀な人なんて死ぬほどいるんですよ。

大学時代に積み上げてきたプライドが一気に崩れる。

就職活動でやったことなんて笑い飛ばせるくらい忙しくなるわけです。

 

先輩、上司に怒られながら、慣れない仕事をこなしていく。

大学時代死ぬほど勉強してきたかもしれない。

でも、仕事をする上では意味ない。知らないことだらけ。

業界研究を死ぬほどやったり、OB訪問を強烈な数こなしても

いざ仕事が始まったら、全く太刀打ちできませんよ。

 

さぁ自己肯定感が薄れてきて、自身の存在意義を見出せなくなってきているのではないですか? この時期あたりは!

僕個人の感覚ですが、入社半年はヤバいです。精神状態が。

中には自信を持たせてくれる素晴らしい先輩、上司のもとで働くことのできている

とてもラッキーな人もいるでしょう。

本当に良かったと思う。滅多にいないぞ。

 

本当に辞めたい。クソ上司が気に入らない。

仕事が面白くない。給料が安い。労働時間が長すぎる。

他にやりたいことがある。などなど。

 

ならば辞めても良いです。

他の人は知りませんが、僕は肯定します。

理由は何であれ、ひとっつも面白くないのであれば、逃げたっていいです。

会社という後ろ盾がなくても生きていく自信があれば、今すぐフリーになっていい。

世の中まだまだ面白いことだらけだから。

本当に楽しいと思えるモノに出会えるまで行動し続けたっていい。

 

しかし、何の考えもなしに辞めないほうがいい。

辞めるのであれば、次は「全力で自分に合った環境を見つけ出す」ということを心に決めてほしい。

誰にも負けない面白い生き方をしてほしいです。

 

働き続けるのであれば、全力でやろう。これは自戒を込めて。

先輩、上司に仕事のノウハウを聞くのが億劫だったら、本を読みましょう。

素晴らしい本は沢山あります。

僕が読んだ本です。参考にしてみて下さい。

booklog.jp

 

自分の処理能力をはるかに超えた仕事を任されている人もいるかと思います。

自分も今そうですし。

きついですよね。本当に。パンクしそうです毎日。

だけど得るものはデカい。本当にデカいと思う。

そんな環境で培った能力を引っ提げて、キャリアアップするのもよし、そのままそこで価値を出し続けるのもよし。

会社は利用するものです。

 

辞めるにしても仕事をやり続けるにしても面白い生き方して行こう。