Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

「英語は使わないと、結局身に付かない」という当たり前のはなし

僕は仕事上、英語を使用する機会が多いです。

基本的にメールですけどね。

あとは海外出張をした時に使用します。

実際に使用して初めてわかったこと、それは「使わないと本当に身に付かない」ということでした。

こんな当たり前のことが体の芯から感じることができたのです。

 

 

自分にとっての英語

「英語を使って仕事をする」ことは中学生の時から持ち続けていた願望でした。

理由は中学の時から、英語だけは大して勉強しなくても成績が良かったからという単純なものです。

中高通じて、定期テストに関しては事前に勉強したことがありません。

強いていうなら、当日の試験前にちょろっと単語を見直すくらい。

大学受験も英語をコアとして、計画を立てていました。

 

さて月日は経ち、紆余曲折はありましたが、念願の「英語を使う仕事」に就くことができました。

今まで、英語に自信を持っていた僕ですが実際使用するとなると、多くの壁にぶち当たりました。

 

「今まで学習してきた英語は”死んだ英語”だった」

僕は留学など、海外に長期滞在する経験がなく、独学で英語を勉強してきました。

それなりにやってきたという自負があったので、仕事で英語を使い始めてもそこまで苦労しないだろうと高を括っていたのですが、これが全く違う。

実際、メールでやりとりしようとすると細かいところで伝えきれない部分があったり、一つの日本語に対応しそうな英単語がいくつもあって、どの単語が適切なのかわからなかったり、たくさんの壁が立ちふさがります。

ここで「今まで静的な英語を学習してきたな」という感覚を得ました。

参考書、問題集では臨機応変に対応する能力は身に付かない。

せいぜい、穴埋めを高速で処理できる程度ですよ。

 

使いまくれ

 やはり英語は使いまくることがベスト。

「え、外国人と話すの緊張するなぁ」って?

遅かれ早かれ外国人と話す予定があるんじゃないの?そういう人は。

じゃあ今失敗しておきましょうよ

今は、わざわざ外国人の友達を作って...みたいなことしなくても、オンラインで英会話できるんですから。

これとか

eikaiwa.dmm.com

これとか

www.rarejob.com

 ネイティブではないにせよ、良質な英会話の授業を受けることができます。

それでも一歩踏み出せない人には、「独り言」がおススメです。

自分で何かテーマを決めて、それをしゃべり切る。

瞬発力が身に付きます。案外効果あるんですよ、「独り言」って。

 

注意点

オンライン英会話や独り言など会話力を高める方法をおススメしたわけですけど、

中学、高校レベルも危うい人にはお勧めできません。

会話は「アウトプット」ですから。「インプット」がなければできないし、やっても意味ないんです。

簡単な参考書を読んで、文法を理解した上で例文をバシバシ覚える。

それから、使ってみる。そして失敗する。何が原因で話すことができなかったのだろうと分析する。またそれを活かして会話してみる...の繰り返しで上達していきます。

何でもそうですね。

「赤ちゃんは文法とか知らなくても話せるようになる」とかいう人がいますけど

あなたは赤ちゃんじゃないでしょ。

脳の構造全然違いますからね。

 

僕も海外出張で至らぬ点がたくさんあったから、ブラッシュアップしていきます。