Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

僕が就職活動の時にやっておくべきだったこと

最近、「働くこと」について再び考え始めました。

働くことについて考えをめぐらすことで、自身の方向性を明確にすることができます。

方向性を明確にして、適宜軌道修正してけば、ストレスフルな毎日から脱却することができる(はず)

 

そこで、仮に今、新卒であった時代に戻ることができるとしたら自分は何をすべきであったか再び考えてみました。

 

 

 

1、「働くこと」について考える

そもそも自分は「なぜ働くのか」について考えるべきでした。

「大学で4年間過ごしたら、就職活動をして民間企業に就職する」ということを無批判に受け入れているという状況でした。

その選択肢は数あるものの中の1つに過ぎないことを意識すべきでした。

早稲田大学という多様な人物がいる大学に4年も通っていたのにもかかわらず

上記のような考えしかできずにいたのです。もっと多様な人物と交流をすべきでした。

本当に民間企業でいいのか、公務員、海外就職、起業、ブロガー

など色々な選択肢があるが、なぜそちらに行こうとは思わないのか。

徹底的に選択肢を洗い出し、話を聞きに行くなどの行動がとれていませんでした。

自分は何のために働こうと思っているのか。もっと考えるべき。

 

2、会社説明会という茶番は行かなくてもよかった。

就職活動をすれば皆(無批判に)必ず行く「会社説明会」。

あれ、ほんと何の意味があったのでしょう。何もわかりませんからね、会社のこと。

有効活用しようと思ったら、説明が終わった後、担当者に「俺(私)、この企業入ります!」と意気込みをぶつけに行ってみてはどうでしょうか。

それはそうと、説明会の担当者ってどうやって決まっているんですかね。

前線に立っている人ではないと思いますので、通り一辺倒な会社説明をしていてリアル感は伝わってこないでしょう。

 

3、OB(OG)訪問はしてもよかった。

僕はこれを全くやらなかった(リクルーターと話したことはあるけど)。

会社説明会よりはるかに会社の雰囲気をつかむことができるでしょう。

重要なのは、その人が本当に楽しそうに仕事の話をするかどうかです。

どことなく悲壮感が漂っていて、疲れ切っているのであれば入社するのを遠慮したほうがいいでしょう。あなたの将来の姿だと思ってください。

大学の就職活動課みたいなところにいけば、手伝いをしてくれるでしょう。

億劫かもしれませんが、やるにこしたことはない。

 

4、裁量の大きい仕事がしたかったら、大手はダメでしょ。

自分には能力があり、存分に発揮したいのであれば、大手はまず排除してください。

なんか勘違いしている人多いですよね。大企業にいけば成長すると思っている人。

裁量の大きい仕事を任せられるのに、数年かかるよ。

外資とかベンチャーとか勢いのある(人手不足の)中小の方が圧倒的に裁量大きいよ。

現に、僕は今、人手不足の中小商社で働いていますが、入社5カ月で海外営業の窓口ですよ。わからないことが多いってのに、「わかってるでしょ?」って感じで接されるので毎日ムカついてますけどw

とにかく能力のある奴は大企業なんて行くな。

 

5、業界を絞ればよかった。

行きたい業界がある人は一直線でその業界に進む努力をすべきです。

特にやりたいことがない人には「とりあえず色々な業界受けとけ」みたいなアドバイスする人がいますが、志望動機ブレブレ、自分の言っていることもブレブレになってどこも受からないですよ。

どこでもいいなら逆に消去法で「これはないな」という業界は排除して、2~3業界にしぼってしまいましょう。どこでもいいんですから、どこ絞っても一緒でしょう。

そしてOB(OG)訪問や会社に直接電話するなどして情報を収集してください。

ネットだけの情報は避けましょう。

 

6、やりたいことがなければ、「やりたくないこと」リストを作れ。

やりたいことがない人はまず、視野を広げる努力が足りません。

この世に選択肢がいくらでもあることをまず、理解しましょう。

と言っても、「どうしても動きたくない人」もいます。

その人に厳しい言葉を投げかけるつもりはありません。

「やりたいこと」がなくても、「やりたくないこと」は沢山あるでしょうw

その方が自然だと思いますよ。

なので「どうしてもやりたくないこと」をリストアップして、「これは、まぁやってもいいかな」くらいの仕事を選んでみましょう。

メチャクチャやる気のありそうな会社は避けてください。

なんかのらりくらりやっていけそうな会社を選ぶのです...!!

これもまた一つの戦略ですよ。

 

7、ESの添削は受けておくべきだった。

今思えばどんだけ適当にやってきたんだよという感じはしますが、エントリーシートの添削はしてもらいましょう。

独りよがりな文章は響きませんよ...!!

のらりくらり系の道に進もうとしている人はなおさらです。

ESや面接の時にその感じが出てはまずいですからね。

 

8、「能力」ではなく「やる気」で会社を選ぶ。

難関大学に通う人は要注意。

自分には能力があると思いがちです。

ないから。

資格とか留学とかしても仕事の出来不出来にはなんの関係もありません。

その仕事をやる気があるのかないのかで判断しましょう。

自分には高い能力が備わっているから、裁量の大きい会社に入ろうと思って、入社したら、その能力が全然発揮されないという状況になったら、どこにモチベーションを持つんですか?

「自分はゼロの状態なんだ。」という認識で、そのうえ「この仕事だったら頑張れそうだぞ」というのを探すのです。

それでもミスマッチは起きますから、その時は再考してみてはいかがでしょうか。

 

総括

もっと第三者の視点で自分を見てみる。そしてやれそうな仕事をやるために行動を起こす。行動しながらでもいいです。

自分ひとりでやるべきではないですね。

学生はわかりませんからね、社会のこと。僕もまだよくわかってないですし。

これから、新卒一括採用が徐々になくなっていくでしょう。

ということは学生時代に遊びまくるなんてことはできなくなるわけです。

だって、新卒者以外も交じって就職活動するってことですよ。

学生時代にもっと社会とかかわりを持つことがより重要になってきます。

小商いでいいので、大学時代何か商売をやっていればという気持ちです。

「意識高い系」とか馬鹿にしてる場合じゃないですよ。

もちろんみんな「意識高くしろ」というわけではないですが

バブル世代の言葉を鵜呑みにして学生時代に遊びまくっていると、いつの間にか時代に取り残され、ゆくゆくは「老害」とよばれるようになるわけです。

時代にはついていくようにしたいものですね。