Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』感想

11月23日公開の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

ハリーポッターシリーズのDVDを全て持っている自分としては、観ることはマストであった。


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編【HD】2016年11月23日公開

 

『ハリーポッター』シリーズよりもビターな内容の本作。かなり楽しめました。

 

以下、感想です。

 

 

・『ハリーポッター』シリーズを観ておく必要があるか。

結論から言えば、観る必要はありません。何も知らない状態で観ても楽しめる内容となっております。

ただ、やはり知っておくとより楽しめる。

本作主人公であるニュート・スキャマンダーは小説の方を読んでいれば知っているはず。映画でも出てたのかな?そこは定かではありません。

闇の魔法使いグリンデルワルトも、『ハリーポッター』シリーズには登場します。

『幻の動物とその生息地』も読んでおけばよかったかな。

 

・『ハリーポッターシリーズ』よりも大人向け

子どもは楽しめないのかというと一切そういうことはないのですけど

虐待であったり死刑執行シーンがあったり、実際死人が出てしまったり。

はたまた恋愛もあったりと『ハリーポッター』シリーズよりも少し大人な内容となっています。

僕は非常に楽しめました。急に話が飛んで内容が理解できなくなるなんてことはありませんでしたし、魔法生物のそれぞれの特徴を活かしたシーンも圧巻でした。

非常にテンポよく話が進み、飽きることなく観ることができます。

 

・魔法の表と裏

開錠する魔法や壊れたモノを治す魔法。姿をくらます魔法、姿を現す魔法など便利な魔法、役に立つ魔法が多くある一方、人を苦しめる魔法、自分を偽る魔法、最悪人を死に至らしめる魔法があります。

こういった大きな力は使う者によって効果が全く違ってくるものです。

そして魔法自体は人間界に漏れることはタブー。

作中でもニュートは人間界と魔法界の間で悩みます。非常にデリケートな世界です。

もし人間(厳密にいうと魔法界の住人じゃない人)にばれたら、忘却の呪文をかけなければいけません。

これに関連して、涙腺にくるシーンがあったのですがw それは実際観て確認してみて下さい。

 

・魔法生物への差別

魔法生物は例外なく危険なので駆除すべきといった考えもあります。

ニュートはそういった生物を保護しているので、こういった考えには当然否定的です。

そしてニュートが保護している生物がある出来事によって一部外に出てきてしまいます。

この保護している生物(?)が大きな問題となるのです...

 

かなり伏せた部分があってなんだかわからないと思いますが、それは作品を実際に観てください。