読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

大企業と中小企業で働いてみてわかったメリットデメリット

あぁ、そういえば僕は大企業と中小企業どちらも経験していたんだったと改めて気づき

ましたので(遅い)

大企業と中小企業のメリットデメリットをここで書いておきます。

 

大企業

メリット

・社会的に認知度が高いため、信用を得やすい。

・マニュアル的なものが割としっかりしている。

・意外な場所ではたらくことができる(これはデメリットにもなります)

 

デメリット

・上司を選べない。

・働く場所を選べない。

・やりたいことがなかなかできない。

・思っているより給料がよくない。

・スピードが遅い。

・情報がなかなか行きわたらない。

 

こんなところでしょう。大企業ですので社会的に信用度は高いです。

誰にいっても大体知っているので、プライドの高い人にはもってこいですね。

デメリットの部分ですが、やっぱり辞令が下ったら、どんな場所でも働かなくてはいけません。

ちなみに僕はいきなり北海道に飛ばされました。

説明会では「新入社員の配属地は関西から東北まで」と言っていたのにもかかわらずですよ。

途中で方針が変わってしまったようです。

あとやはり上司を選べない。どう考えてもそりの合わない上司にあたったら、福利厚生とかそんなもん関係なく鬱になりますよ。

あと、もちろんやりたいことなんてできません。

自己実現のために大企業行くとかアホちゃうかなと思います。

また、本部から末端まで遠いので情報が上手く行きわたりません。

いきなりシステムが変わっていたことがあって、迷惑をこうむった時があります。

僕はこの企業を入社半年で見切りを付けました。

 

中小企業

メリット

・割と早い段階でやりたいことができる。

・働く場所が少ないので、そんな変なところではたらくことはない。

・少人数の場合が多いので情報の伝達は早い。

 

デメリット

・ブラックなところは本当にブラック。

・マニュアル的なものはないので、全て基本的に手探り。

・福利厚生が微妙(僕の勤務先は残業代がでません(みなし残業))。

・誰もその会社を知らない。

 

中小は何といっても、人数が少ないのでやりたいと思ってる仕事をすぐにやることができます。

僕は英語を使って仕事したいと希望していましたが、入社4ヶ月目あたりでもう海外相手やりとりをしていました。

もちろん上司のサポート的な役割でしたけど。

勤務地も東京です。全然変なところじゃないですね。

ただ、サビ残なんですよね... 上司も選べないっす、正直。

そのくせ給料は少ない。3年目の人でも手取り20万切ってますからね。

年功序列なんですよ、いまだに。

やりたいことはできるけれども、そういった部分で古い体質がまだ残っているなんてことがあります。

あと、あまり尊敬できる先輩、上司がいません。ゆったりやってきたのでしょう今まで。

 

こんなところですかね。

いや、ほんと、自分のやりたいようにやりたいって人は個人で稼ぐ術を身に着けるか

起業するしかないですよ。