NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

精神のバランスが崩れていないか確かめるたった一つの方法

*本記事は2018年10月15日に更新されています

f:id:updateplan:20181015173502p:plain

あなたは自分の精神バランスがしっかり保たれているか自信がありますか?

人間って意外と自分のことをちゃんと把握していないもので、いつのまにか精神や心のバランスを崩してしまうということがあるんですよね。

 

そこで僕がいつも行っている「精神のバランスが崩れていないか確認する方法」をお教えいたします。

もちろん万人にあてはまることではないのですが、ぜひ参考にしていただければと思います。

キーワードは「本屋に行く」です。

本記事の内容

・「精神のバランスが崩れている」とはどういうことか

・本屋にいって自然と目に入るテーマを考えてみる 

「精神のバランスが崩れている」とはどういうことか

精神のバランスがとれていない状態というのは、一言でいうと「”ある特定のことしか考えられていない”状態」です。

頭の切り替えがうまくできていなくて、ある特定のことしか考えることができない、ふと気付いたら、そのことについて1時間くらい考えていたという状態です。

バランスがとれていれば、周りのことに気を配れるはずですよね?

 

しかし、この状態になってしまっていることには意外と気が付かないものなのです。

ある特定のことしか考えられていないので、自分自身のことについても気にすることができないのです。

 

でも、あることをすると、自分の精神のバランスが崩れているかどうかを確かめることができます。それは…

 

本屋にいって自然と目に入るテーマを考えてみる

 僕は本屋にいって精神バランスが崩れているかどうかを確かめます。

そしていろいろなジャンルの本棚をザッとみてみると、妙に気になるテーマに出くわすと思います。

 

 「なんかこの本を読めば何となく気分がスッキリするかもしれない」と思う本に出くわしたら、それがあなたのもっている悩みについて取り上げている本の可能性が高いです。

 

 

ある一つのことにしか意識が向いていないので、自然と気になるテーマも絞られてきます。

例えば、僕が仕事や先輩・上司との関係性で悩んでいた時は自然と自己啓発本や仕事のやりかた、会社での人間関係の構築の仕方などを解説した本に意識がいっていました。

 

本屋にいくと自分が今、何にとらわれてストレスを感じているのかわかるのです。

仕事の悩みがだいたい解決したときに本屋にいってみたら、歴史や生物学系の教養の本に目が行きましたので、これは事実だと思います。

 

僕の場合は、本で判断していますが、本以外でも「あることしか考えられていない」状態を確かめる方法はそれぞれあると思います。

 

何をするにも、心のバランスが取れているというのは非常に重要で、効率性、生産性、集中力が全然違ってきます。

 

精神や心のバランスが崩れてしまう原因はいくらでもありますが、僕の場合は

・傷つくことを言われた

・プレッシャーのかかる仕事を任された

・仕事の出来で叱られた

などなど。

こういった精神衛生上よくないことをずっと受け続けいていると、脳がマヒして、そのこと以外考えられなくなるのです。

 

こういった状態になっているという人はいち早く気付くことを願っています。

放置して、何も考えられないという状態に慣れてしまうと自分の人生を浪費してしまいますよ。