読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

厳しい経験を積んでいないとダメみたいな風潮

「若い時の苦労は買ってでもしろ」とか「厳しい環境でもまれる経験をしろ」とか

よく聞くじゃないですか。

 

言いたいことはわかるけど、それじゃいつまでたっても「楽しんでワクワクしながら物事に取り組む人」に勝てないと思うんですよ。

だってわかる人にはわかると思いますけど、集中力が全然違うじゃないですか。

苦労しながらヒーヒー言って物事に取り組むのと楽しみながら物事に取り組むのとを比べたら。

 

簡単に言ってしまえば、向かい風と追い風が吹いていたら、どっちが早く前に進めるんですか?って話ですよ。

とにかく前に進むことが大事じゃないですか。

そして今は早ければ早いほどいい。

他の記事にも書いていますけど「石の上にも3年」じゃ全く勝てないわけです。

毎日「今日中に成功してやる」くらいじゃないと集中力上がりませんよね。

 

日本人がどうとか言うつもりは全くありませんが、わざわざ「塗炭の苦しみを味わう期間」みたいなものを設ける意味が全く分からない。

 

いいから早く前に進もうよ。

 

気合でどうにかしようとするんじゃなくてとにかく「頭を使うこと」が重要です。

どうしても苦手だったら「毎日(今日中に成功してやると思いながら)物事に取り組むことです」

変な修業期間を設けずに、ゴールするにはどうしたらいいかというのを常に考えることを習慣化する。

 

他の人に追い越される自分をちゃんと客観視して、自分の殻に閉じこもるということをやめると、また違った景色が見れますよ。