Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

なぜ英語に嫌悪感を抱いてしまうのか

f:id:updateplan:20170302222625j:plain

横文字を使ったり、英語の発音がよかったりすると反発を食らいますよね。

イキっている感じがするからなんでしょうね。何か調子乗ってるぞ、こいつみたいな。

でも日本以外の国(アジア圏でもそうです)では結構発音うまい人多いですよね。

これって別に母国語が英語の発音をするのに適しているからとかじゃないと思うんですよ。

 

これはどれだけ英語という言語を受け入れる土台があるかによりますよね。

要するに英語を別に特別な言語だと思っていない。むしろ国によっては当たり前に話すところもある。

日本は基本的にどの地域にいっても母国語で事足りてしまう。

なので英語という言語が何か特別な言語だと思ってしまうし、英語ができる人は優秀であるという錯覚にも陥ってしまう。

まぁ、単一言語国家で英語しゃべれるとなれば、一定の努力量を要するので

優秀とはいわないまでも、努力家である証明にはなるかと思いますが。

 

なので単一言語国家で英語が生活の中にまで浸透していかない限りは、英語しゃべる人は何かかっこつけているという印象から脱却することはできないでしょうね。

 

しかし、英語は特別な言語ではなく、やり方によっては誰でも身につけることができます。マジで基本能力関係ないから。

ということで2タイプの英語の身につけ方を教えます。

自分がどちらのタイプかは一目瞭然かと思います。

 

タイプA 感覚で生きている。

こういう人は文法からはいったところで挫折します。

もういきなり英語圏で生活してもらう。感覚で生きているので、現地の人と仲良くなればあっという間に身に着けます。

ただ、基本的な土台がないので高度な会話はできません。

そのかわり基本的な会話をするまでにはほとんど時間がかかりません。

 

タイプB ロジカルに生きている。

こういう人は海外でいきなり生活しろといわれても基本的に難しいです。

まず何か用意されていて、それを処理することによって自分のスキルを磨いていくタイプかと思いますので、まず文法を学習し土台を作ってから、会話練習をしていくという流れがベストでしょう。

基本的な会話ができるようになるまで時間がかかりますが、高度な会話には加わることができるようになるでしょう。

 

本当に大雑把なわけ方ですが、たいていこの2タイプに分かれるでしょう。

自身にあった英語の身につけ方を選べばいいと思います。

 

英語を身につけることによって進路の選択肢が増えます。

僕自身、今の会社で働いているのは(専門商社)英語力だと思っていますからね。

「イキってる」と斜に構えないで、気楽に英語を学習してみてはいかがでしょうか。