読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

英語学習法【リスニング編】

さて、英語学習法【リスニング編】です。

相手の言うことが聞き取れないと文字通り話になりませんからね。

ここは力をいれてやっていきましょう。

 

しかし、中高での英語教育ではほとんどリスニングを重視していません。

今でも時代遅れの「英語を読むこと」に重きを置き、話す、聴くを軽視しています。

www.tokyo-np.co.jp

まぁこの記事が示すように多くの英語教師がそもそも話す、聴く力が弱く、指導能力がないことが原因かと思いますが。

 

英語教師がまともに英語を教えるようになるのを待つのはどう考えても時間がかかることですので、自分でノウハウ勉強してサッサと習得してしまいましょうね。

 

・スピー○ラーニングは正直...

はっきり言って、聞き流しているだけで英語が聞き取れるようになることは間違ってもありません。

某英語教材をdisるわけではありませんが、ほとんど詐欺なのでは?と思ってます。

いったいどういう原理で聞き流しているだけでちゃんと聞き取れるようになるのでしょうか。

ここは頭を使う必要がありますよ。

 

・僕がもっともおススメするリスニング強化法は「シャドウイング」。

シャドウイングとは...

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱する実験技術である。

シャドーイング - Wikipedia

 はい、耳に入ってきた英語を即座に同じように繰り返すということですね。

これは文法や単語の発音をしっかり勉強していなければできませんので、最初に文法と単語を学習しておく必要があるのです。

これは本当に有効で、これをしっかりやったら、TOEICのリスニングパートで

465点を獲得しました。(満点は495点です。)

聞き取れないと後に続いて言うことができませんからね。

ちなみにこの方法は通訳者養成学校でも用いられている手法です。

ネットで見た情報ですが、次回授業までにある会議の内容をスクリプトなしで完璧に聞き取れるまで、シャドウイングしてきましょうみたいな感じ宿題が出されます。

徹底的にやると確実に効果があるわけです。

 

何を使ってシャドウイングするか。

僕はずっとTed Talksですね。

www.ted.com

内容も面白いですし、色々な種類の英語を聴くことができます。

人によってはかなり訛った英語をしゃべる人がいますからね。

例えばTOEICのリスニングはアメリカ人、イギリス人、カナダ人、オーストラリア人の4パターンの英語が流れているんですが、Ted Talksで鍛えておけば対処できますね。

方法としては上述した通り、徹底的に聞き取れるまで繰り返す。

スクリプトを見ることができますので、どうしても聞き取れなかった部分を確認してみましょう。

聞き取れるようになるといよいよ景色が変わってきますよ。

がんばっていきましょうね。