Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

「ちょっとやってみるか」の精神をもっているか?

みんなね、何をやるにも「大きな決断」にしがちだよね。

周りもさ、ことさら大げさに言うもんだから、身構えちゃうんだよね。

でも僕が最近感じていることは「世の中難しいことって少ないんじゃないか」ってことなんだよ。

 

今、やりたいことリストを1つ1つこなしていっているんだけど、「やるぞ!」ってなって動きだしたらもう達成まで簡単だなと感じることが多い。

大事なのは「ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう」とか考えず思い切って飛び込んでしまうことなんだよ。

失敗したらブログとかでネタにすりゃいいじゃん。

成功したら最高、失敗してもネタになると思えばさ、結構簡単に決断したり動きだしたりできるんじゃないの?っておもうわけです。

 

考えずに飛び込んでしまうと案外どうにかなってしまうことの方が多い。

というか、むしろあれこれ考えてやった結果の方が悲惨

考えるのは何かを始めてからでいい。やり始めの段階であれこれ考えるなってことね。

 

「どうなるかわからんけど、いっちょやってみるか」くらいでサッと行動を起こす。

そして失敗してPDCAサイクルを回す。

こんくらい大雑把でいいんです。細かいことなんて決断の妨げになるだけなんですよ。

 もちろん、やってみたら自分に全く合っていないということはあるけれども、それもやってみなければわからないこと。

行動しなければ自分に合ってることすらわからないんですねぇ。

んで、合ってなかったらさっさと退散。そんなことに貴重な時間を割いている暇はありません。

 

僕も大学生のときはあれこれ理由をつけて、チャレンジしようとしないタイプでした。

今考えると本当に何をやっているんだと昔の自分に説教したくなりますが、もう過ぎてしまったことなので仕方ないでしょう。

しかし、卒業してから心を入れ替え、とりあえず一歩前に出てみるようにしたら

世界は一変。

今まで見えてこなかったものが見えてきたり、今まで思いつきもしなかったアイデアが浮かんできたり、とても人生に対して(良い意味で)楽観的になったりと一歩踏み出すことによって多くの恩恵を受けています。

 

ただ、もちろん一歩踏み出すことによってトラブルや面倒なことも、当然のこととして

起こります。

そこはネガティブにならず、逆に「自分は行動しているから、こういう面倒なことがおきているんだ。(あとで話のネタにしよ...)」と考えれば、面倒なことも楽しめるようになるよね。

 

さぁ、ここまで読んだなら一歩踏み出さない理由はもはやないはずだ。

今、一番やりたいと思っていることを今すぐ始めよう。