読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

残業、休日持ち帰り仕事に関する勘違いについて

f:id:updateplan:20170520181106j:plain

最近、何だか残業、持ち帰り仕事が増えているゴウです。

残業したり、休日に仕事をするのは無能の証なので、恥ずかしい限りですよ本当。

 残業してしまう、休日に仕事をする必要があるというのは本人の責任もありますが

会社自体もうまく人を使いこなせていないということですからね。

どうやって通常の8時間以内で成果を上げるかということを必死で考えなければならないわけです。

ということは今の世の中、多くの人が気づき始めていることです。というか気づいてないと本当に何やってるの?という感じですよ。

 

でもですねぇ、気付いていないのに加えて未だに残業、休日持ち帰り仕事に関して勘違いしている輩がまだまだいるんですよ...

こんな感じでね。

・残業、休日持ち帰り仕事をやる人には責任感がある。

何その責任感。いらなくね?

その謎の責任感があるせいでなかなか効率的な仕事ができないわけですよ。

頭を使わず、気合で解決しようとしている時点で未来はないですね。

人を雇う、無駄な資料作り、無駄な会議をなくすなど対策はあります。稟議とか動きを遅くするだけだと思うんですけどどうなんでしょう。

 

前職は資料作りは一切ありませんでした。毎日数字を管理しているので、いちいち改めて資料をつくる必要がないわけです。メチャ早で仕事進んでましたよ。

・残業代で稼ぐ。

貧しいですよね。発想が。

さっさと仕事終わらせて、残った時間で別のことをやる(例えば勉強する、副業する、ブログ書くとか)のが豊かな人生ですよ。

会社に人生捧げないでください。捧げてもリターンは少ないですよ。

仕事以外の時間で自分に価値をつけていく。そういうことが真に回りまわって社会のためになるわけですよ。時間やお金を消費するのではなく生産することに費やしてみてはいかがでしょうか。

・残業をしないと成果が出せない。

僕も今現在こういった状態になってしまっていますが、本当に一刀両断して良いですよ。

「残業しないと成果が出せないのは無能だ」と。

経営陣、上司含めて無能です。ぜんぜん管理できないじゃないですか。

togetter.com

最近話題の「上司煽り広告」。「ノー残業、楽勝!予算達成しなくていいならね。」など上司を煽る文句が書いてある広告ですが、僕は不可解でした。

「なんで残業することと成果を出すことがリンクしているんだ?」って感じですよ。

なんで残業と成果を出すことはシーソーゲームになっているんでしょう。

「両立」があなた方の目標ですよ。なにか勘違いしてますね。

 

僕はもっと例え仕事終わってなくてもバンバン家に帰る習慣がつけばいいと思ってます。もう17時終業を法律で義務化しては?残業規制一切なし。

残業したら即罰則!そうでもしないとなんやかんや穴を見つけて違法なことしようとするじゃないですか。

とにかくこういった勘違いから早く脱出しないと、取り残されるよ。