Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

海外を相手に仕事をしたい就活生へ

f:id:updateplan:20170528210406j:plain

僕は約1年前に化学原料をあつかう商社に転職しました。

そこで主に海外を相手に営業活動を展開しています。

 

海外を相手取って仕事をすることは僕の中学生のころからの夢でした。

単純に英語が得意であったというのが理由ですが。

 

でもね、単純に語学が得意ってだけじゃ全く歯が立たないんですよ。

就活の時ってやたらTOEICが何点だとか語学の方に目がいってしまいがちですが

それは本当に1つの要素でしかないんですね。

 

 

じゃあ実際どういうことが重要になってくるのか、まだ1年しか働いていませんが、挙げていきます。

確かに語学は重要

語学「だけ」ではダメってことであって、語学は重要な要素です。

英語は、レベルの差はありますが、基本的にどの国の人でも使用しています。

余裕があれば、ターゲットとしている国の言語も学んでおいた方がいいです。

中国なら中国語、韓国なら韓国語といった感じで。

母国語の方が相手は細かく話してくれますからね。英語が公用語ではない国で英語を使うと表現が制限されてしまうので、深いところまで話ができません。

普通に話を成り立たせるという意味で、語学は最低限身につけておきましょう。

 

重要なのは販売する製品について

僕は営業をやっているので、当然製品の売り込みが基本的な仕事となります。

日本では相手との友好関係やその場の雰囲気で商売が決まってしまうことがありますが

海外の人はそうはいきません。

販売する製品のことはよ~く知っておく必要があります。

僕なんて商社なんで、製品のことはメーカーの方ががよく知っていますから大変です。

事前にメーカーから売り込む製品について色々教えてもらわなければなりませんからね。

あまりよく知らない状態でご挨拶にうかがいましたという感じで会社訪問しても

「挨拶はいいけど、お前ら何しに来たの?」となります。

まぁ、これって当然のことなんですよね。日本が非常識なだけです。

 

「日本人であること」の重要性

日本が提供するサービスはきめ細やかです。

海外は皆ガサツなので、安心できて、高品質で、定時制のある日本製品、サービスを頼りに仕事を任せてもらえます。

逆に言うと、海外で仕事をするからといって海外の人と同じようにガサツになってしまったら、わざわざ日本に仕事を頼まなくてもいいということになります。

まず、日本人であるもしくは日本で仕事をしている最大のメリットは何かということを理解していなければなりません。

また、世界中で活動するということになると「自分が何者であるのか」ということが非常に重要になっていきます。

日本人って何なのか、日本はどういう国なのかということをしっかり分析しておく必要があります。

 

大事なのは「早さ」

これはもう必須ですね。「仕事の早さ」。

海外では猛スピードで仕事が進みます。なぜかっていうと決定権をもっている人がGoサインを出せるから。

そんなの日本でもやっているでしょう?と思いがちですが、そんなことはありません。

日本では何人もの人があーでもないこーでもないと会議を繰り返して「失敗する可能性が低いな」と思ったらようやく何人もの承認を経てGoサインが出ます。

決定権が誰にあるのかわからないんですよ。んで、決定権がある人がいても一人で決断を下せない。いちいち人と相談する。

こんな感じなので猛烈に時間がかかります。

しかし、そういった事情は海外の人は理解はしていますので、できる限り早く相手の要求にこたえることが重要です。

とにかく早く。効率化できるところはできるだけ効率化していくことが不可欠ですね。

 

まとめ

重要な要素はまとめるとこんな感じ。

・語学力

・製品知識

・日本人としてのアイデンティティー

・早さ

これってちょっと考えるとわかると思うんですけど、新入社員や社歴が浅い人間ができることじゃないんですよ。

せいぜい、新入社員が持っている能力って語学力くらいじゃないですか?

なので、入社してすぐ海外に行けなくても落ち込まないでください。

語学力だけじゃ死にますよ...