Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

積み上げてきたことを棚卸ししてみる

最近ですね、インプットだらけであまりアウトプットできていないんですね。

漫画も本も映画も旅行もかなり積み上げてきたので、ここらでいったんアウトプットしていこうかと。

 漫画は推定1300冊以上読んできましたし、本も400冊近く読み、映画は250本程度鑑賞してきました。

莫大なインプット量だと個人的には思っていて、これを何らかの形でアウトプットする他ないじゃないですか。

「ホリエモン」こと堀江貴文さんだって漫画1,000冊読んで本にしていたじゃないですか。

 

書店でパラパラと読んでみましたが、さすがに着眼点が違う。

僕が読んできた漫画とは全く別種類の漫画を読まれていました。

人生観が変わるかどうかは別として、漫画を忌避するような人ってセンスないなぁと思うわけです。

「漫画ばっかりよんでないで勉強しなさい!!」とかほんとナンセンス。

僕に子どもがいて、漫画読んでたらガンガン読ませちゃいますよ。「勉強ばっかりしないで漫画読みなさい!」と言いたいぐらい。(言いませんけど)

世の中いろいろな着眼点をもって生活している人がいて本当に面白いなぁと思いますよ、漫画読んでいると。

ちなみに僕が子どもに是非読んでほしい作品は以下の通り。

『銀の匙』

 

とある農業高校のお話。

家畜に囲まれて、命の大切さを学んでいく主人公。

牛の出産、豚の屠殺や農業それ自体の大変さ、過酷さ、面白さを学ぶことができます。

都会にいるとなかなか気づきにくい、普段食べている物の裏側をのぞくことができます。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』

 

福祉事務所が舞台の「生活保護」をテーマにした漫画。

生活が困窮している人々に対する生々しい対応。どういった人々に生活保護がふさわしいか。救いたくても法律上、規則上生活保護金を渡してあげられない人々もいる。

また、働く能力があるが生活保護に頼ろうとしている人々へのアプローチ方法など。

生活保護に関する本を読むよりも、漫画で理解したほうが早いしセンセーショナルです。

 

『ちはやふる』

 

「百人一首」をテーマとした少女漫画。

少女漫画ですが、万人が楽しめる熱いストーリーです。

中学生、高校生あたりにおススメ。何かにはまるという経験がいかに楽しくて大切なことかを教えてくれます。

色恋沙汰もあるから、それも楽しんでみては?

 

『インベスターZ』

 

ぼくがこのブログの中で何回かおススメしている投資マンガ。

超絶おススメなんですよ。投資活動を通じて世の中の動きを教えてくれます。

一見難しそうなことを漫画で教えてくれるんですよ。良い世の中になったなぁ...

ガンガン読んで、周りと差をつけちゃいましょうよ。

 

漫画については以上がおススメですね。中学生、高校生くらいの息子さん、娘さんがいる方にはお勧めです。

これで積極的にコミュニケーションとっていきましょうw

上の画像を押せばAmazonのページに飛んでいき、ポチッとすれば人生変わります。簡単なことですねw

 

こんな感じで棚卸ししていきますので、よろしくお願いします。

漫画を1,000冊以上持っている人たちだけで集まりたいな。