Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

有名人をネットで叩いても何の影響もないことを説明する

f:id:updateplan:20170622214604j:plain

SNSをやっているとよく目にする「有名人叩き」。

有名人がちょっと常識とはずれているような発言をしたり断定的な言い方をしたりすると一気に炎上。

Twitterでは論点がずれたクソリプが飛び交う。ネット上で匿名で攻撃されるのだ。

 本記事では僕がTwitterで見た「誰にも尊敬されなくなりますよ」といった類の、あなたそんなことばかりいっていたら孤立無援になりますよという警告について書いてみる。

 

有名人は個性が強すぎるため、一人で動いていると勘違いしていまいがちだ。

だがしかし忘れてはいけないのが、そういう人たちも色々な人に囲まれて助け合いながら生きているのだ。

誰かを勇気づけたり、誰かに勇気づけられながら毎日を過ごしている。

どんなにすごい人でも人間であることには変わりない

 

なのでどんなにネットで叩こうが、孤立無援になることは決してない。

イケダハヤトさんをはじめとしたプロブロガーたちも、はたまたテレビに出るような有名人たちも、どんなに叩かれてもつぶれることはない。(法に触れたとかなら話は別だが)

○○に通報した、警告を送ったからもうこいつは終わりだみたいなことを喜々としていっているアカウントをたくさん見てきたが、一向に終わらない

 

意気揚々とつぶしにかかった人たちは、ことごとく失敗するのだ。

なぜならレベルの高い人たちはレベルの高い人同士でコミュニティが形成されているため良質な情報が入ってきやすいからだ。

炎上したもの同士であれば、対応の仕方についても共有できる。

こうして叩いている人たちが決して手に入らないような情報をしっかり得ているのだ。

 

誰からも尊敬されなくなるということだが、そんなことは決してない。

当の本人たちは誰からも尊敬されようとは思っていない。

少なくとも叩いてくる人をハエとか蚊程度にしか思ってない。ハエや蚊に尊敬されたいから殺さないという考えの人がいるだろうか。

 なのでサクッとブロックする。尊敬されなくていいと思っているから「こいつちょっと叩いたぐらいでブロックしてきやがった」と悪態をついても本人には全く影響していない。

 

新しい考え方はいつの時代も理解されにくい。

本気で何かに取り組んだり、必死で考え抜いたりしないと出てこないような考えばかりだからだ。

 そもそも新しい考え方は簡単に許容されてはいけないものだ。

簡単に許容されるというのは、つまり「誰でも容易に想像できる」ということだ。

 「誰でも容易に想像できる」ということは、他の誰かもやっているし、考えていることなのだ。

「え、何言っているの?そんなわけないじゃん!」と思わせないと、新規性はない。

叩かれるということはそれだけ「新規性」があるということだ。

人は理解できないものは拒絶する傾向にある。本来持っている防衛本能からくる傾向であろう。

現時点では拒絶されるけど、徐々に時代が追い付いてくる。

こういった理由からも「叩いても意味がない」ということが言える。

 

自分のやりたいことでいっぱいの人はそもそも叩く余裕なんてないはず。

自分の貴重な時間を割いてまで「意味のないこと」をやる意味はあるのだろうか。

世の中を面白くしようとしてる人の邪魔はしないようにしたいものだ。