Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

やりたいことができずに1日が終わってしまう人のへの改善策

やりたいことは沢山あるのに、いつの間にか一日が終わっていませんか?

それって時間がもったいないですよね。僕なんかやりたいことたくさんあるので耐えられないですよ。何もせず1日が終わるなんて。

この記事で1日でやりたいことをやれるようにする方法を伝授いたします。

 仕事終わるの遅くないか??

まず今やっている仕事はいつも何時に終わるのかを考えて下さい。

最低でも19時までまでには終わってないと、物理的にやりたいことができません。

残業はやめてさっさと帰るようにして下さい。それができないのであれば仕事を辞めて、もっと労働条件がいいところに転職して下さい。

それもできないのであれば、もう打つ手はありません。ここで記事を読むのをやめましょうw

 

ボーっとしている時間はないか

何をするでもなくボーっとしている時間は削除していきましょう。

スマホは便利ですが、それに時間をとられているのであれば電源を切ってしまいましょう。

やりたいことをやる時間は自分で作るものですよ。

削れる時間を紙に書きだして1つずつ削っていきましょうね。

 

作業と作業の間をなるべく空けない

今やっている作業から次の作業をやるとき、長めの休憩はとらないで立て続けにやる。

ちょっと休憩がとんでもなく長い時間になっている時がありますからね。

人間は基本的に意志薄弱なんで、強制力がなければすぐになまけてしまいますよ。

意識して作業と作業の間の無駄な時間をなくしていきましょう。

 

やりたいことをリスト化しておく

1日が始まる前にやりたいことをリスト化しておくといいです。

今日は何やろうかなと考えている時間がもったいないですよ。あらかじめやることを決めておいて、やれる時間がきたら全力でそれに取り組む。

優柔不断な人には特に有効です。何をしようか迷っているうちに1日が終わったら本末転倒ですからね。

リスト化するだけでなく、優先順位をつけておくとさらにいいですね。

もっとスピード感が出ます。やりたいけど時間がかかることは早めに取り掛かりましょう。

 

外注できることは外注してしまう

夜、ご飯をつくるのが面倒だったら外食してきてしまう。

これで自炊の時間を自分のやりたいことをやる時間に充てることができますね。

こういった感じで他人や外部機関に外注できるときはしてしまう。

できるだけ自分が自由に変えることができる時間を捻出することが重要です。

 

以上、こんなところですかね。

工夫して一日に使える時間を増やしていきましょう。