Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

学生時代の社会人に対する誤解

f:id:updateplan:20170626071914j:plain

学生時代は、やはりみんな社会人というものを明確にイメージすることができません。

たとえ、アルバイトをやっていたとしても会社に所属して働くということとは全く異なります。

僕も例外ではなく、アルバイトをやっていましたが、社会人というものを正しく理解はしていませんでした。今もそうかもしれませんが。

僕が学生時代に持っていた社会人に対する勘違いについて書いていきましょう。

 

社会人は遊べない

これはみんな思ってるんじゃない??社会人になったら遊べないって。

全然そんなことないよw 少なくとも僕は学生時代の何倍も遊ぶことができています。

というかむしろ自分の時間をとることができない会社に入るべきではないし、入ってしまったら辞めた方がいい。

僕は新卒で入社した会社を半年で辞めているけど、今は普通に別の会社で働いているしね。

すぐに転職できるように学生の時から色々な業界をみておくことは必要ですね。

転職ありきで就活したほうがいいですよ。本当に。

 

社会人は出会いがない

いやいや、そんなことないですよ。僕が今お付き合いしている人は同期ですしねw

バレないようにするの大変だけど。まぁばれてもそんな問題じゃないですよ。

ただ「恋愛にうつつをぬかしおって!」みたいな古臭い考えの人にはバレないほうがいいです。

でも、それで何らかの力を使って、別れさすとかいじめるとかになったら人権侵害なので訴えていきましょうね。

 

社会人は飲み会だらけ

これも嘘ですね。みんなが想像しているより個々人の考えを重視し始めています。

飲みたくなければ飲まなくて構いません。本当にコミュニケーションがとれている職場は酒がなくてもしっかりコミュニケーションとれてますから。

 

社会人はメチャクチャ怒られる

これは職場によってはそうかもしれません。また先輩、上司によっても変わってきますね。

怒る以外に部下にアプローチできる有能な先輩、上司の下で働けることを祈っています。

これは本当に運しだいですからねぇ...

 

社会人はうまく生きれば案外苦しいものではないのかもしれません。

とにかく自分が生きやすい環境にするにはどうしたらいいかということを必死に考え抜く必要があります。

会社くらいで心身を消耗させるのは本当にあほくさいんで止めて下さいね。