Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

0から学ぶビットコインとブロックチェーン

f:id:updateplan:20170813155629j:plain

みなさん「仮想通貨」ってどこかで目にしたり耳にしたりしませんか??

今の時代、まだまだ紙幣や貨幣、あるいはクレジットカードとかで支払う人の方が圧倒的に多いので「聞いたことはあるけど、なんだかよくわからないし、あまり知ろうとする気力もわかない」という方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、ビットコインをはじめとした「仮想通貨」そして「ブロックチェーン」はこれから普通にあつかわれる時代が到来します。

今の内に基本的な部分だけでも学んでおいて損はありませんよね??

いざ当たり前のように使用されますとなった段階で勉強し始めても遅いんですよね。

 

さて、まずは仮想通貨の代表である「ビットコイン」とは何かというところから解説していきましょう。

 

 

 

「ビットコイン」って何??

”ビットコイン”とは、以下の①~⑤の特徴で表されます。

 

①ブロックチェーンという技術で生まれた「仮想通貨」

②電子データで扱われる「デジタル通貨」

③暗号技術によって守られている「暗号通貨」

④特定の国に属していない「国際通貨」

⑤分散型ネットワークによって管理されている「民主的な通貨」

 

上の5つの特徴を持つ通貨こそが「ビットコイン」です。

次は、1つずつ詳しく説明していきましょう。

 

①ブロックチェーンという技術で生まれた「仮想通貨」

まず、ブロックチェーンとは何かというところを説明しなければなりませんね。

ブロックチェーンとは”「分散型台帳」で、ビットコインの取引(トランザクション)をまとめたブロックを一括承認し、一本のチェーンによって共有されているもの”です。

後ほどビットコインの送金方法と併せて詳しく説明するので、今はとりあえず「そういうものなんだな」と受けとめて下さい。

このブロックチェーンにより「仮想通貨」としてビットコインの取引が可能になりました。

 

②電子データで扱われる「デジタル通貨」

こちらは言わずもがななのですが、いわゆる1万円札とか100円玉とか現物のものが価値を代替している物ではなく、ネットワーク上に存在する通貨です。

 

③暗号技術によって守られている「暗号通貨」

ビットコインは「公開鍵」と「暗号鍵」による「公開鍵暗号方式」をとっています。

「公開鍵暗号方式」については後ほど、説明します。

 

④特定の国に属していない「国際通貨」

ビットコインをはじめとした「仮想通貨」は、不特定多数(ノードと呼ばれます)に管理されているので為替の影響がないのです。

日本で使用する時も、アメリカで使用する時も「ビットコイン」として支払いをすることができます。(日本円やドルに換える必要がないということです)

 

⑤分散型ネットワークによって管理されている「民主的な通貨」

 この「分散型ネットワーク」という部分がブロックチェーンの肝となる部分です。

ビットコインはいわゆる中央銀行のような1つの組織によって管理されていません

全世界のネットワークによって管理されているので「民主的な通貨」と呼ばれているのです。

 

「ビットコイン」で何ができるの??

ビットコインは取引所のウェブサイトやアプリで取り扱うことができます。

「bitFlyer」あたりが有名です。

bitflyer.jp

僕もこの「bitFlyer」で0.01BTC(*1)だけ買ってみました。

さて、「ビットコイン」を使って何ができるのでしょうか。

*1 ”BTC”はビットコインの単位です

 

取引所の¥にログインすると「ウォレット」の画面が表示されます。

「ウォレット」はその名の通り「財布」です。ビットコインを保管しておく「銀行口座」のようなものだと考えて下さい。

様々な操作ができますが、大きく6つです。これは株式投資と同じようなものなので、すぐにイメージがつくかと思います。

 

①入金する

円やドルを指定の口座に預けておいて、その金額の範囲内でビットコインを購入することができます。

「bitFlyer」では1BTC、0.1BTC、0.01BTCの中から選択することができます。

ちなみに2017年8月13日現在は1BTCが約470,000円です。いきなり1BTCを買うのは難しいですねw

 

②出金する

ビットコインを売った金額を受け取ることができます。

ビットコインから現金に変えるということですね。

 

③コインを買う

「入金をする」を説明する際に併せて記載しましたが、円やドルを支払って、ビットコインを買う操作です。

日本円やドルの残り分とビットコインの購入分の2つが画面に表示されます。

 

④コインを売る

買ったビットコインはパソコンのサーバー上で保管されています。

将来の値上げを見込んでそのままにしておいても良し、日本円やドルなどの現金に換えても良しです。

「売却する」ボタンを押せば簡単に売ることができます。

 

⑤送金する

自分が所有しているビットコインを誰かに送ったり、お店で支払いをする時は送金をします。

送る相手が指定したビットコインのアドレス、もしくはメールアドレス宛に送ることができます。

ビットコインのアドレスとは27ケタから34ケタのランダムに並んだ文字列のことを指します。(文字列は取引するたびに変わります)また、QRコードでも送金することができます。

 

⑥コインを受け取る

送金できるということは、当然誰かからコインを受け取ることができるということです。

「コインを受け取る」ボタンを押すとビットコインのアドレスが表示されるので、それを相手に知らせます。またQRコードを相手に見せることによってコインを受け取ることもできます。

 

「ビットコイン」のメリットは??

次は「ビットコイン」使用することによって、どういう恩恵にあずかることができるのでしょうか。大きくわけて2つのメリットがあります。

 

①投資対象として魅力的!

株式投資では為替相場の影響を大きく受けます。

その為替リスクを避けるためにこの「ビットコイン」が買われるのです。

例えば、2015年に起きた「ギリシャの債務不履行危機」ですが、普通の動きとしては、ある国の有事の際には、安定的な通貨(ドルであったり、日本円であったり)が買われます。

しかし、この時に注目されたのが「ビットコイン」だったのです。

先にも書いた通り、「ビットコイン」とは”特定の国に属していない「国際通貨」”です。

特定の国の信用度に左右されることのない「ビットコイン」はある国の経済危機に多く買われます。

 

まだまだ、値動きが不安定な「ビットコイン」ですが、これからさらに扱う人たちが増えてくると安定した通貨になるでしょう。

 

②海外送金の手段として魅力的!

「ビットコイン」は海外へ送金する際にとても便利です。

通常、日本円を海外へ送金する際は銀行を介す必要があるので、手続きも面倒だし手数料も多く取られます。

「ビットコイン」だと1%程度の手数料で海外に送金することができるんですよ。

何らかの事情でこまめに送金する必要がある場合、安価な手数料は非常に助かります。

 

「ブロックチェーン」って何??

 次は「ビットコイン」を支える「ブロックチェーン」について解説します。

これは本当に核となる技術なので基本的な部分はしっかり押さえておきましょう。

ビットコインの送金を例に挙げて「ブロックチェーン」の仕組みを理解してください。

 

ビットコインの送金の時に行われる処理

例えば「AさんからBさんに○○BTCを送金する」という処理があるとします。

この処理一つ一つを「トランザクション」と呼びます。トランザクションはいわゆる「取引記録」だと考えて下さい。

この「トランザクション」を1つにまとめたものを「ブロック」と呼びます。

このブロック1つ1つを「マイナー」と呼ばれる人々が「この取引は正しい!」とブロックを一括して承認していきます(マイニング)。この作業は10分ごとに行われます。

 

個々の「トランザクション」は「ハッシュ関数」という不規則な文字列(ハッシュ値)に置き換えることができます。(ハッシュ値は64ケタあります)

入力データを変えると、全く違った文字列が出てくるので、さかのぼって改ざんすることができません。

 

こうやってブロックを1つ1つつなげていき、1個のチェーン(鎖)になるのでブロックチェーンと呼ばれているのです。

承認されたブロックは最後尾のブロックにつながれていくのですが、つなぐためにはを見つける必要があります。

 

新たにブロックを追加したいときは直前のブロックの文字列(ハッシュ値)今回のブロックに含まれる取引記録任意の文字列(ノンス値)」を64ケタのハッシュ値に変え、最初の16もしくは17ケタが全て0になるようなノンス値を見つける必要があります。

例えば...

0000000000000000A2FG3IYT624KJN21HNF48BAE47SDR45BG333TRSAF78T5ACR

といったノンス値を見つける必要があるんです。

これは膨大な計算量が必要で一般的なノートパソコンでやろうとすると「150万年」かかると言われています!!

 

このノンス値を見つける作業を、あたかも鉱山から金貨を掘り当てる作業に似ているため「マイニング(採掘)」と呼ばれています。

最初に0が16(17)個並ぶハッシュ値を見つけられたマイナーには報酬としてビットコインがもらえます。

現在は当てると「12.5BTC」もらえます。この報酬価格がマイニングにかかったコストを上回った分が利益となるんです。(「半減期」というものがあり、一回でもらえるビットコインは4年に1回半減します)

そしてブロックチェーンでは最初に出てきたブロックを正当な取引と認めると決めています。(PoW(Proof of Work)と呼んでいます)

 

このマイニングには膨大なマシンパワーを有したコンピュータを24時間365日稼働させる必要があるため、膨大なコストがかかります。

土地が広大にあり、人件費が安い中国など一部の国に限られています。

なので日本でマイニングをすると、余裕で赤字になります。

 

手順をまとめる(AさんからBさんへ○○BTCを送金する)

①「トランザクション」を「ブロック」にまとめる

②10分以内でマイニングをする(最初の16~17ケタが0になるハッシュ値を見つける)

③最初に見つけた人に報酬が与えられ、ブロックが最後尾につながれる

④送金完了

 

「ブロックチェーン」は誰が管理しているの??

ブロックチェーンは何か大きな1つの機関によっては管理されていません

 P2P(Peer 2 Peer)方式で管理されているのです。

 

通常、どこかのサイトにアクセスするときは大きなサーバーを介してブラウザに表示されます。つまりサービスを提供する側(サーバー)と利用する側(クライアント)に分かれているのですが、P2Pではクライアント同士がやり取りをします

 

P2Pに参加するコンピュータ(ノードと呼びます)がそれぞれ同じブロックチェーンをもっていて、マイニングを行うんです

それぞれ同じブロックチェーンを持っているので、どこかに不具合が生じても何の問題もありません。他のノードで同じブロックチェーンを持ってるんですから。

 

以上がビットコインおよびブロックチェーンの基本となる部分です。

本記事をよく読んでいただければ、関連の本を読んだり、ニュースをみたりしても「何を言ってるんだ?」ということにはならないかと思います。

 

ビットコインとブロックチェーンの基礎をおさえた本の紹介

さて、僕がここまでアウトプットできるようになったのは以下に紹介する4冊のおかげです。興味ある人は是非購入してください。

結局、身銭切って買った本の方がよく頭に入りますよ。

 

『いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン』

 

*欲しい人は画像をクリック!

この本は本当にわかりやすく、複雑な仕組みを説明しています。

ビットコインとは?ブロックチェーンとは?という部分を質問に答えていく形で説明しています。

最初の1冊としておススメです。

 

『この1冊でまるごとわかるブロックチェーン&ビットコイン』

 

*欲しい人は画像をクリック!

絵付きでわかりやすく、ブロックチェーン、ビットコインについて説明しています。

ビットコインが将来的にどうなるか、早わかり図で示されています。

薄いですし、サクッと読める1冊です。後半はすこし難しいかも...

 

『仮想通貨革命』

 

*欲しい人は画像をクリック!

2014年に書かれた本とは思えないほど、現在の状況にも対応している内容。

仮想通貨がこれからどう世の中を変えていくのか実例を挙げながら、かなり詳細に書かれています。

 

『ビジネスブロックチェーン』

 

*欲しい人は画像をクリック!

本書はビットコインというよりは「ブロックチェーン」のビジネスへの応用について説明した本です。

「ブロックチェーン」は金融分野以外にも応用することができますからね。

それについても別記事で紹介できたらと思います。

 

ゼッタイ学んでおいて損はない「ブロックチェーン」および「ビットコイン」

本記事をきっかけに学習を始めてもらえると嬉しいです。