Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

マズローの欲求5段階説の上があるのを知っているか?

f:id:updateplan:20170821212100j:plain

皆さんは「マズローの欲求5段階説」はご存知でしょうか?

人の欲求には5段階あるという説ですね。

 

【第一段階】

生理的欲求です。

食べたい、寝たいなどといった生きていくのに不可欠な欲求です。

 

【第二段階】

安全欲求です。

危機を避けたい、安全に暮らしたいという欲求です。

 

【第三段階】

社会的欲求です。

集団に属したいという欲求です。これが満たされないと孤独感や疎外感を感じたりします。

 

【第四段階】

尊厳欲求です。

他の人から尊敬されたい、認められたいといった欲求です。自己承認欲求ですね。

 

【第五段階】

自己実現欲求です。

自分の持っている能力を活かして、創造的活動をしたいという欲求です。

 

知っている人は知っているこのマズローの欲求5段階説ですが、実は「自己実現欲求」の上があるのをご存知でしょうか。

そして、このもう1つの階段に達すると社会に大きな貢献ができるようになるのです。

 マズローの欲求5段階の上となる第6段階となるのは「自己超越欲求」です。

この「自己超越欲求」に達すると下のような状態になります。

 

・見返りを一切求めなくなる。

・自我を忘れてただひたすら没頭し、社会的課題や使命に貢献したくなる。

・感謝の言葉も求めず、黙々と行動する。

・すべてを肯定することができる。

 

マズロー曰く、この段階に達しているのは人類の2%程度とのことです...

「今の仕事は無給でもやれますか?」と聞かれてNoと答える人はまだまだこの段階に達していないということですねぇ...

僕も無給で今の仕事をやるなんて到底無理です。

 

この6段階で難しいところは「利他的」ではないという点です。

他人のために尽くそうとかではなく、あることに没頭しそれ以外考えられない状態のことを指します。

他人のために尽くそうと考えている時点で感謝の言葉などの見返り求めていますよね。

 

「自己超越」の段階になったら、感謝されようとされまいと自分のやろうとしていることに没頭しているので、どうでもいいんです。

結果的に社会に貢献している状態になるけど、その過程では「社会に貢献しよう」という気はさらさらないんです。

 

もう哲学的な域に到達してしまっている段階なので、多くの人がそもそもの部分を理解できないでしょう。

 

やる気に満ち溢れている状態とも違います。やる気という概念もない世界なのです。

それ以外考えないってそういうこと。それが当たり前で、偉大なことをやっているという意識もない。

 

いろいろなことを書き連ねてきましたが、とにかく毎日の小さいなことでも真剣にやってみることが、この段階に達するために大切なことですね。