Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

『インベスタ―Z』19巻のまとめ

f:id:updateplan:20170823222749j:plain

*『インベスターZ』19巻表紙より引用

今回も非常に勉強になりました。『インベスタ―Z』19巻。2017年8月23日に発売しています。

ぶっちゃけ、そこらへんの小難しい本をうんうんうなりながら読むより『インベスタ―Z』読んだほうがいいよ。間違いない。

お金のこと、投資のこと、社会のことなど面白くためになる情報がたくさんです。


さて、19巻の内容は大きくわけて下の2つです。ネタバレが嫌な人はここで読むのを終わりにしてください。

 

・重粒子線ガン治療

・時価総額合計100兆円ゲーム

 

それぞれ重要なポイントをまとめたので、サクッと自分の知識にしちゃってください。

 

 

重粒子線ガン治療について

そもそも「ガン」ってどんな病気なの?

日本人の死亡原因として最も多い「ガン」。

根本的に治療する方法が存在せず、長年にわたって人類を悩ませている病気です。

 

さて、そもそも「ガン」とはどんな病気なのでしょうか。

 

人間の体は毎日細胞分裂をおこない、同じ遺伝子の細胞が引き継がれていきますが、まれにエラーをおこします。

このエラーした細胞がそのまま、細胞分裂を繰り返すことによってドンドン塊になり、ガン細胞となるのです。

 

主に治療法として3つあるんです。

1、手術をしてガン細胞を切り取る。

2、抗がん剤を飲む。

3、放射線をあてて、破壊する。

1つだけではなくて、通常、このうちの2つを組み合わせて治療します。

1と2とか2と3とかの掛け合わせですね。

 

しかし、それぞれ問題点が存在するのです。

 

まず手術ですが、ガン細胞のみ切り取るというのは非常に難しく、周りの臓器も大きく切り取る必要が多くあります。

そうすると、術後の体力回復が遅くなったり、もとの元気な状態に戻ることがなかなかできなくなってしまいます。

 

抗がん剤ですが、ガン細胞を攻撃しているうちに正常な細胞まで攻撃してしまい、吐き気や倦怠感を引き起こしてしまいます。

 

放射線治療は、ガン細胞を破壊することはできるのですが、臓器の深いところに巣くってるがん病巣には届きにくいのです。これでは根本的な解決にはなりませんね。

 

重粒子線がん治療とは?

しかし、「重粒子線がん治療」が出てきたおかげで、ガンの撲滅に光明が見えてきました。

 

重粒子線は体の表面では弱く、がん病巣に行きつくときに放射線量が強さのピークをむかえるような特性をもっています。

この特性によってがんの狙い撃ちができるようになったのです!

 

また、重粒子線に似た陽子線というものがありますが、放射線と強さは変わりません。

一方、重粒子線は陽子線の約3倍の破壊力があるといわれています。

 

重粒子線のメリットは主に3つ

1、通院治療ができること。

2、難治性のガンに有効なこと。

3、破壊力が強いため、一回の治療で得られる効果が大きい。

 

1ですが、体を切ることがないため、入院する必要がありません。

次に2ですが、骨肉腫など放射線治療が効きにくいガンにも有効で、肝臓がんや膵臓がんに対して目覚ましい効果がでています。

3ですが、効果が大きいため、治療期間を圧倒的に短くすることができます。

 

治療費は??

保険適用外なので、全額自己負担です。

そして費用は1セットで314万円。これを高いととるか安いととるかですが、314万円で命が助かるのであればメチャクチャ安いと思いますよ。

 

日本は重粒子線設備を国内で5つ所有しています。

世界全体では10か所なので、日本が占める割合は50%です!

つまり、重粒子線治療では圧倒的にリードしている。ただ、みんなが投資しなければ、あっという間に海外勢にもってかれます。

 

まずはお金持ちにガンガン使ってもらう、それで価格を安くしていく。

こんな流れが理想ですね。

 

時価総額合計100兆円ゲーム

お次は時価総額合計100兆円ゲームです。財前くんと藤田くんの3本勝負の決勝戦です。

ゲームのルールはいたって簡単。

 

東証一部上場企業群から任意で起業をえらび、時価総額の合計を100兆円に近づけた方の勝利です。もちろん1円でも100兆円を上回ったら負けです。

 

一部上場企業群はぜんぶで500社。サイコロを2つ振り、数字の大きい方が優先的に企業を選ぶことができます。選択時間は1分間です。

 

最初に時価総額が日本一のトヨタ自動車が選択されます。(約23兆円)

時価総額のトップを選んでいけば自ずと勝てそうな気がしますが、実は上から順に企業が選ばれているわけではないんですねぇ。2位のNTTがありませんでしたから。

 

この勝負の結果が非常に気になるところです。投資の知識、記憶、戦略を多く使うこのゲーム。面白そうだから僕もやってみたいなぁ...

 

『インベスタ―Z』19巻の内容はこんな感じでした!