Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

人目をメチャクチャ気にしていた僕が「ソロ活」をできるようになった理由

f:id:updateplan:20170826172021j:plain

あなたは「ソロ活」という言葉をご存知でしょうか。

その名の通り、積極的に一人で活動し、自分の時間を楽しむことです。

 

僕は昔、人目をメチャクチャ気にするタイプだったので、「ソロ活」なんてできませんでした。何をするにも恥ずかしかったのです。

 例えば新幹線や飛行機に乗れませんでした。理由は切符の買い方とか改札、ゲートのくぐり方を間違えて人に笑われたらどうしようと思っていたからです。

 

また、電車に乗るときも女性が隣に立つと「僕なんかが隣に立ってしまってすいません」と心の中で何回も謝ったりしてました。

 

店員さんに何か聞くときも冷や汗をたらしながら、そしてどもりながら話しかけていました。しかもその行動をとるときは本当に緊急の時だけで、時間があるときは携帯をだして調べていましたw

 

こんなどうしようもないくらい人目を気にしていた自分が、今では新幹線や飛行機はいつだって乗れるし、一人映画、カラオケ、焼肉もやっちゃうようになったのです。

しかも彼女いますし、女性とは普通に話せます。

 

昔から慣れっこという人にとっては大したことないかもしれませんが、僕の中では大きな変化なのです。

 

さて、そういった「ソロ活」ができるようになったのにはいくつか原因があるので、未だ「ソロ活」が苦手だけど、やりたい...という人は僕の真似してください。

 

強制的にやらざるを得ない環境に身を置く

一人で活動しなければいけない環境に身を置くことですよ、やっぱり。

僕は前職では北海道で働いていました。地元は関東なので強制的に飛行機を使用するしかありません。

僕はあせりました。「飛行機乗らないといけないのか...」と。

しかし、一回乗ってしまえば何てことない。

チケット買って、指定のゲートで待ってて、時間になったら乗る。

これだけじゃないですか!!!

 

僕はこの体験から少なくとも飛行機に関しては克服したわけです。

つまり、一歩踏み出せば案外できることが多いということなんですよ。

 

しかも前職の研修ではスーパーの人に話かけ、アンケートをとるという体験もしました。

想像してください。超絶コミュ障なのにナンパみたいなことをいきなりしなきゃいけないんですよ!?

 

断られることが多かったのですが、とりあえずできた。

僕は案外できるなぁ!!と謎の自信を持ちました。

 

何も考えない

「これをやる」と決めたら、アレコレと考えない。
「ああなったらどうしよう、こう思われたらどうしよう」とかいう不安は99%幻なので。
 
やると決めたらやれ!!!
小利口よりバカの方が前に進めるんですよ。
頭の中でシュミレートする意味ないから。

 

5秒以内にやるかやらないか決める

これは「何も考えない」とリンクしてるんですけど、超速で決断することが「ソロ活」するために必要なことです。

 

ソロなので、誰かの意見を聞く必要もありません。自分がやりたいかどうかですよ。

 

あなたは「芸能人」じゃない

そうです。あなたは、いつもパパラッチが狙ってる芸能人じゃないんですよ。

あなたの行動なんて誰も見てないし、誰も気にしてない。

 

例えば、駅前で路上ライブやってる人いるじゃないですか。

あなたも一回は見たことがあると思います。

 

その人たちが何を歌ってて、どんな顔の人だったか思い出せますか?

 

路上ライブやってる人のことすら忘れちゃうんですよ。

ましてや何もやってないあなたなんて誰も見てませんし、記憶に残りません。 

 

人間は他人の失敗を数分で忘れる

 失敗すると誰かが笑うかもしれないし、自分のプライドが傷つくことがあります。

 

しかし、人ってすぐ忘れるんですよ。

あなたの周りでもあらゆる失敗をした人がいると思いますけど、いちいち覚えてますか?

 

大丈夫。誰も見てないし、失敗しても覚えてないから。

人生は一度きり

最後になりますが、人生は一度きりしかないんです。
臆病になってる場合ですか?
 
失敗は一瞬、後悔は一生です。
 
「決めたらやる」を心がけることで「ソロ活」できるようになりますよ!