Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

新宿歌舞伎町の「激辛グルメ祭り2017」をレポート

www.gekikara-gourmet.com

2017年8月27日に新宿の歌舞伎町にある大久保公園で開催中の「激辛グルメ祭り2017」に行ってきました。

いや~辛かった。しかも気温も高いので死ぬほど汗かきます。タオルは必須ですね。

 激辛グルメ祭り2017とは?

その名の通り、辛いたべものを売りにしている店舗が軒を連ねるイベントです。

このイベントは3つの日程にわかれています。

 

1st 8月23日~27日

 

2nd 8月29日~9月3日

 

3rd 9月5日~10日

 

 それぞれ出店している店舗がちがうので、「激辛グルメ祭り2017」のサイトに入り、どんな店が出ているか確認してみて下さい。

*一部は2つの日程に連続して出店している店もあります。

 

当日の動き方

新宿駅から歩いて数分、大久保公園のちかくにいくとすでに辛い。香辛料のにおいが香ってきます。

会場内は思っているより混んでいます。券売機で食券を買って、料理と引き換えるシステムなのですが、食券は15分くらい並ぶとやっと買える程度には人がたくさんいます。

食券は800円、1,000円、1,200円の3種類。もちろんアルコールを含めて飲み物も買うことができます。

 

しかし、僕は会場内に設置してある自販機で飲み物を買うことをおススメします。

値段が3倍違ってきますからね、食券で飲み物を買うと。ただ、アルコールはもちろん自販機では売っていません。

 

食券を買ったら、各店舗のブースに行きます。

だいたいのメニューは辛さが選べます。中辛から激辛。

僕はまず、カリーライス専門店の「エチオピア」にいきました。

 僕は中辛を選びました。前日にイタリアンレストランで青トウガラシを食べて痛い目をみているので、ビビっちゃいました。*青トウガラシは信じられない辛さ。舌を槍でずっと突かれているような痛み。

 

エスニック感ただようカレーライスですが、とてもうまい

日本ではあまり出てこないタイプのカレーでしたね。香辛料がバッチリきいてました。

 

ただ、自販機で買ったペットボトルを1本消費してしまいました。

気温が高い中、辛い物を食べるのはきついですよね、やはり。

 

お次は「京華樓」の鶏肉の特製ソースあえ。

こちらは四川料理ということもあって、かなり辛かった...

味はとても美味しいですよ!きゅうりと一緒にたべると辛さが緩和されます。

これでもペットボトルを1本消費しました。

 

辛さ対策

会場にきている人たちは、みんな飲むヨーグルトを持っていました。

ラッシーとかもそうですけど、ヨーグルトは辛さを緩和させるんですかね。

と思って調べたら、本当に辛さをおさえるようです。

 

トウガラシにはいっている辛さのもととなる、「カプサイシン」は水に溶けにくいので

水を飲むことは逆効果

逆に辛さを舌全体に広げてしまったり、より鮮明に辛さを感じてしまったりします。

しかし、ヨーグルトなどの乳製品は脂質がありますので、カプサイシンが溶けるのです。

 

初めて知りましたか?水をいくら飲んでも辛さが減らないのは当然のことだったのですね。

 

暑さと辛さの対策をして、辛いもの好きは「激辛グルメ祭り2017」に参加すべし!