Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

職場の先輩とケンカをしたけど、和解したので何をやったか教えます

f:id:updateplan:20170830215853j:plain

昨日、職場の飲み会で先輩とケンカをしました。

いいネタになるなと思って、記事にしちゃいました。ブログやっているとそういう脳になってきます。

 さて、どういった経緯で喧嘩になったのかですが...

1、先輩二人から2時間弱にわたる説教。

*ちなみにその飲み会は本社から移動してきた方と海外勤務される方の歓送迎会でした。

2、さすがに耐えきれなくなり、「本当にもうやめてください」と懇願。

3、先輩は聞く耳もたず。「立場をわきまえろ」とヒートアップ。

4、僕も頭に血が上り「下への接し方をもう少し考えた方がいいですよ」と言う。

5、周りがいさめて、その場はおさまる。僕は冷静になり「申し訳ございません」と周りに謝る。

といった経緯です。

 

喧嘩になった以上、どちらのせいとかいう話ではなく、双方のせいです。

そこは僕も悪いところがありました。反省しています。

 

会社という組織に属している以上、極度の関係悪化は避けなければなりません。

和解をしようと、僕がとった行動は「しっかり主張を整理して話し合いをする」ことです。

 

先輩にすこしだけ時間をもらい、話し合いをしました。

 

僕の言い分

・僕にも仕事をやる上で、いたらぬ点はたくさんあり、それをご指摘いただけることはありがたいこと。しかし、2時間弱も説教する必要もないし、飲み会という場ではなく、仕事中に短くご指摘いただければ十分。

 

・歓送迎会という場でメインを放っておいて、僕だけに集中放火を浴びせるのはおかしい。周りの人がどう思うか考えてはいかがか。

 

・もし「下っ端が何を言っているんだ、お前の言うことなんか聞き入れるわけない」ということであれば、僕がとる選択肢は2つ

1、来月いっぱいで退職する(1日の1/3以上の時間を投資する環境は自分で選ぶ)

2、今後一切飲み会の類はいかない(もしそれで、まともに仕事をさせないということであればパワハラということにする)

 

先輩の言い分

・言葉を荒げてしまったことは申し訳なかった。

 

・すべては君が成長してほしいがために言ったこと。

 

・たしかに2時間弱も説教されたら、自分の中で処理しきれなくなる気持ちもわかる。現に自分も先輩に対して怒鳴ったり、抗議したことは何回もあるので君の気持は理解できる。

 

・しかし、君とは業務上そこまで頻繁に関わることがないので、仕事中にコンパクトに重要な点のみを指摘するのが難しく、つい長くなってしまう。

 

・TPOをわきまえろなんて君から言われる筋合いがない。周りの人がどう思うかは周りの人が決めることであって、自分が把握すべきものではない。そこは好きなようにやらせていただく。

 

・昔より優しくなった。自分が若いころはもっと厳しかったし、同じことされてきた。

説教されても許容するだけの度量は身につけてほしい。

 

・飲み会は仕事の一環で、何を言われても仕方のないこと。

 

・君がTPOをわきまえろということであれば、今後は歓送迎会などのイベントではおさえるようにするが、その他の飲み会は覚悟してほしい。

 

・引き続き一緒にがんばっていこう。

 

こんなところですね。文字におこしてみるとわかりますが、先輩は理解しているようで全く理解していません。矛盾しまくりです。

 

しかし、重要なのは「ここで、また言い返さないこと」です。

相手の本音を聞くことができたという点を尊重し、妥協しましょう。

うやむやにしなかったということが、とても大切なのです。

だってここまで価値観が違かったら、これ以上話し合いをすることなんて無理でしょw

 

話し合いをすることで下記のことができるわけです。

 

・納得できないことを主張する。

・相手の本音を引き出し、今後の対応法を考える。

・一方的に謝るのは負けと知る。

・埒が明かない相手に時間と労力を割くのはムダ。

 

話し合いをしたら相手の主張がどうであれ和解してください。

「先輩のおっしゃることはよく理解できました。お時間いただきありがとうございました。」といえば関係が修復されます。

 

万が一、先輩・上司とケンカになってしまったら、この方法でさっさと解決しましょう。