Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

滋賀県へ遊びに行きました。琵琶湖はマジでデカかった...

f:id:updateplan:20170905230805j:plain

東京から京都まで2時間くらい新幹線に乗って、琵琶湖線に乗り換え、滋賀県の県庁所在地である大津へ。

 

 あれ、琵琶湖の写真かぶっちゃった...

とにかく琵琶湖はでかかった!なんせ滋賀県の面積の6分の1を占めますからね。

琵琶湖から流れる川は「瀬田川」とよばれ、その川は京都では「宇治川」、大阪では「淀川」と名前を変えていきます。

琵琶湖ではみなさん釣りをたのしんでいました。天気もいいし、絶好のレジャー日和。

 

しかし、この日は気温が20℃くらいだとスマホは告げていたのに、猛烈な暑さ。

これって関西だから??よくわかりませんがとにかく暑かった...

 

さて、大津では琵琶湖を眺めるくらいでした。

ここで近江牛を食べておけばよかった... 僕はこの近江牛を後回しにしたがために、営業時間内に店に入ることができなかったのです...⇒ダイニングMoo

 食べたいときが食べ時ということですよ、みなさん。

 

大津の次は、比叡山坂本駅に到着。お目当てはもちろん比叡山延暦寺です。

 

知っていましたか?約150個の堂塔を総称して「延暦寺」と呼んでいるのです。

 

比叡山延暦寺からバスに揺られて、約10分。ケーブル坂本に到着。

ここから坂本ケーブルという日本一長いケーブルカーにのって、ケーブル延暦寺駅を目指します。

ちなみに料金は以下の通り。

 

大人 : 往復 ⇒ 1,620円 片道 ⇒ 860円

子ども: 往復 ⇒ 810円    片道 ⇒ 430円

時間は毎時00分と30分に出発します。

 

頂上につくと、眼下には大きな琵琶湖が広がります。

 

さくさくと歩いて15分くらいでしょうか。

延暦寺の入口にたどり着きます。そこで拝観券を買うのです。

www.hieizan.or.jp

比叡山延暦寺は、東塔、西塔、横川の3つのエリアにわかれています。

読み方は、左から「とうどう」「さいとう」「よかわ」です。

けっこう広いので、徒歩ではかんたんに周ることができません。

東堂から横川まで1時間半以上かかるんですよ!歩いていくのは厳しいですね。

 

なので、比叡山内で走っているシャトルバスを使いましょう。

比叡山内1日フリー乗車券なるものが、大人800円、小児400円で買えます。

僕は前情報一切なしで行ったので、この乗車券があることを知りませんでした。

事前に情報は仕入れておくべきですね。もっとかしこい旅行をしよう...

 

 

この大きな鐘は50円を賽銭箱に投げると叩くことができます。

けっこう遠くまで鐘の音が響き渡りますよ。それがなんともいえない、落ち着いた気持ちにさせてくれます。

 

売店では、ごま大福など、比叡山延暦寺で名物となっているものも食べることができます。歩き疲れたら、ゆったり休憩しましょう。

 

世界遺産として登録されている、この比叡山延暦寺。

僕は日本の世界遺産制覇という目標をかかげていますが、京都の世界遺産もまわって初めてクリアということにしました。あ、どうでもいいですか。そうですか。

 

比叡山延暦寺を後にして、近江八幡へ向かいます。

ちょっと滋賀県で不便だなぁとおもったのは、琵琶湖がど真ん中にドーーンとあるので、電車だと反対側にいくのがしんどいんです。

ラクに向こう岸まで行く方法ないんですかね??滋賀県、攻略しがいがあるじゃないか...

 

 

僕、近江八幡にある八幡堀、メチャクチャ好きです。

不思議とすごい落ち着くんですよね。時間があまりなくて日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)をゆっくり堪能することができませんでしたので、また行ってみたいと思います。

 

ということで大津⇒延暦寺⇒近江八幡という順番でまわった滋賀県の旅は以上になります。

他に彦根城や近江八景など滋賀県には魅力的な場所がたくさんあるので、みなさんも行ってみてはいかがでしょうか。

 

僕はこのあと、大阪に移動し、ブロガーさんと初めてお会いしてきました。

同じ「やりたいことリスト」の仲間ですので、会話がはずみました。本当にありがたいですね。

他にも「やりたいことリスト」を作っている人がいたら、お会いしたいです。

 

ということで、以上!!