Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

Shinさんの読書会に参加したのでまとめ!

f:id:updateplan:20170910210418j:plain

2017年9月9日に戦略コンサルタントでブロガーのShinさんの読書会に参加してきました。(新橋のニュー新橋ビルにて)

www.outward-matrix.com

僕と同じ20代ということで多少親近感もあり、僕が仕事をやる中で壁にぶち当たったときにShinさんの書籍(7つの仕事術)を読んで、参考にすることがあります。

 

 ブログも本もかねてから読んでいたShinさんが読書会をやるということで、Twitterでイベントの告知があってから、10分以内に参加申し込みをしていました。

 

さて、今回のイベント内容は完全フリー素材で、ブログなどにアウトプットしてもかまわないということをおっしゃっていたので、シェアします。

 

 

クリティカルシンキングについて

クリティカルシンキングとは?

 物事や情報を無批判に受け入れるのではなく、多様な角度から検討し、論理的・客観的に理解すること。批判的思考法

クリティカルシンキングとは - コトバンク

 クリティカルシンキングをすることによって、下のような3点のメリットがあります。

 

1、「絶対はない」という考え方

2、高品質なアウトプットができるようになる

3、謙虚になれる

 

クリティカルシンキングを身につけていないと、誰かが言っていることや、やっていることを無批判に受け入れる姿勢になり、現状を改善することができないし、「○○が言っているから大丈夫」とか「まだ○○やっていないやつは時代遅れ」など、傲慢な態度になってしまう可能性があります。

 

クリティカルシンキングを身につけるための3つの口グセ

 

1、絶対そうだとは言えないよね?

2、可能な限り○○するには、どうすればいい?

3、おそらく違うと思うんだけど...

 

上の3つを口ぐせにすれば、クリティカルシンキングが身に付くとのことです。

 

メンバー育成の方法について

会社という組織にいる以上、メンバー育成は必須。

なぜなら、一人でできることは限られているから。適材適所でメンバーを配置し、組織として成果を何十倍にも増加させることが重要です。

 

メンバー育成には下の4ステップで行っていく。

ステップ1:話を聞く。

f:id:updateplan:20170910213044j:plain

まず、「相手の話を聞くこと」。

自分の話を聞いてくれない人から何を言われても、聞く気になりません。

最初に部下が何を考えているのか、じっくり聞く。

 

これには、参加者から多数の質問がありました。例えば...

・上司が部下の言うことを聞く気はないと明言している。どうしたらいいか。

→上司が部下の意見を聞く気がないということには、何か理由があるはず。

なんらかの手段で、その上司から意見を聞かない理由を聞きだしてみる。

それすらもできないのであれば、説明をして、チームを抜ける。もしくは職を変えるしかない。

 

ステップ2:学んでもらう。

f:id:updateplan:20170910213716j:plain

部下との信頼関係を築くことができたら、実際学んでもらいます。

具体的なやり方を言語化して、理解してもらうまで伝え続けます。

 

ステップ3:任せる。

f:id:updateplan:20170910213859j:plain

ステップ2で学んだことを実戦で使ってみます。そして血肉化。

部下は多くの壁にぶち当たると思いますが、ステップ1で相談しやすい関係を作っているので、大きな問題になる前に相談にきてもらえます。

先輩、上司は余計な口出しをせず、必要なときに少しサポートする程度です。

 

ステップ4:同じことをしてもらう。

f:id:updateplan:20170910214330j:plain

自分がやってきたプロセスで、他のメンバーを育成していきます。

こうやって優秀なメンバーの量産体制ができるわけです。

→良い人材であふれるチームへ

 

パラレルキャリアについて

f:id:updateplan:20170910214623j:plain

冒頭でも説明しましたが、Shinさんはコンサルタント、ブログ、またPlayersというオンラインコミュニティなどから収益を得ています。つまりいくつかの仕事を並行してやっているということですね。(パラレルキャリア)

 

パラレルキャリアには画像にあるような4つのメリットがあるんですね。

本業があるので、収入を気にせず、のびのびと独自サービスの展開に力を注ぐことができます。

 

また、本業で取り組んでいること以外の仕事に携われるので「ビジネス」の全体像を理解することができ、本業にも影響が広がっていきます。

 

運がよければ、本業以外の収入の柱を作れますし、「本当にやりたいこと」が明確化されます。

 

最初から「カネ目当て」は失敗する

f:id:updateplan:20170910215317j:plain

お金というのは「信用」の積み重ねにより、発生するものです。

誰かよくわからない、かつ何の実績もない人がいきなり、赤の他人からお金をもらえるはずがないんです。

まずは自分が持っているスキルや知識を無料で公開し、多くの人の目にとまるようになり、需要が生まれてくるわけです。

そこからようやく少しだけお金をもらってもいいかなという流れになる。

最安値ではなく、無料で公開という部分が重要だと感じました。

 

パラレルキャリア構築の3つのプロセス

f:id:updateplan:20170910215829j:plain

パラレルキャリアを作り上げるには、普通のビジネスと同じ「企画開発」→「マーケティング」→「サービス提供」という3つのプロセスをたどっていきます。

僕はこのブログを始めるとき、企画開発の部分が不徹底だったかなぁと自戒しました。

 

さて、Shinさんもおっしゃっていましたが「やるかやらないか」です。

副業をやりたい人はたくさんいますが、実際一歩踏み出すかどうかで、実現するかしないか決まるわけです。

 

僕自身、コワーキングスペースに入るのも初めてだし、こういう講演会に参加するのも初めてでした。講演会自体もよかったし、周りの人との交流もよかったです。

とりあえず、千葉のまるも(http://marumo.net/)に行くぞ!!!w