Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

貿易実務検定A級受験の反省点と今後の対策について

2017年12月3日に貿易実務検定A級を受験してきました

なぜ貿易実務検定を受けたのかについては以下の記事をご参照ください

www.update-plan.com

完全に0の状態からスタートして約2か月間勉強してきました

結論からいうと、2ヶ月で最上級を狙うのはきついということです

では、次回は何を気をつければいいのか、今回見えた課題と今後の対策についてまとめてみました

使用したテキストについて

・『貿易実務ハンドブックベーシック版』

・『貿易実務ハンドブックアドバンスト版』

・『めざせ!貿易実務検定(R)要点解説&過去問題』

・『貿易実務アドバンスト演習テキスト』

・『A級対策問題集』

・『サクッとわかる貿易実務 問題集』

・『マーケティング・ビジネス実務検定 アドバンスト版テキスト』

計7冊をさわりました

テキストの進捗度について

『貿易実務ハンドブックベーシック版』を通読し、C級の過去問題を解いたところ合格基準点に達したので、引き続きB級レベルに到達することを見据えて勉強しています。

 

C級合格レベルに20時間で到達する方法をまとめましたので参考にしてください

www.update-plan.com

次に『貿易実務ハンドブックアドバンスト版』を章によっては5周、平均して2~3周は繰り返し、通読しています

むずかしいところは何回も読まないとわからないですからね

しかし、その他のテキストはやれたところもあればやれなかったところもありといった感じで、しっかり使い切ることができませんでした

ふりかえってみると、全然徹底してやれていないことがわかりました

次回の対策について

次回の試験は7月に行われる予定です

半年以上あるわけですから、存分に対策できるわけです

今回の反省を踏まえて次回までに何をやればいいのかまとめてみました

 

ステップ1

『貿易実務ハンドブックアドバンスト版』を6~7周を目安に読む

ゴールとしては全項目、人にわかりやすく説明できるようになること

次に『サクッとわかる貿易実務 問題集』で基本的な部分を無意識化します

 

ステップ2

『貿易実務アドバンスト演習テキスト』を通読します

特に書類作成問題は頻出なので、素早く記入できるようにします

『マーケティング・ビジネス実務検定アドバンスト版テキスト』を6~7周通読する

今回の試験では客の回転率を計算させる問題がでました。これは貿易実務検定の参考書には一切乗っていないんですよね

 

ステップ3

『A級対策問題集』をすべて解ききります

もちろん答えを覚えるのではなく、なぜその答えになるのかを人に説明できるようにします

書類作成問題、計算問題は頻出ですので、とにかく実践を多く積んでいきます

個人的に、準A級の問題が良問ぞろいで、現在のA級にもっとも近いと思います

統合前のA級は問題としてあまりよくありません。

 

ステップ4

最後はA級の過去問を解きます

しっかり時間をはかって、なるべく早く、確実に解ききる練習を積んでいきます

英語に関してはそこまで難しくありません。TOEICより少し小難しい文章がでますが、問題自体は段落ごとに出題されており、答えの根拠を探しやすいです

やはり、貿易実務の試験ですので、貿易実務のパートが最難関です

 

さて、一日のタスクに落とし込んで再チャレンジの準備をしていきましょう