Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

ブログを続けている理由を考えてみた

f:id:updateplan:20171219225654j:plain

僕は2016年4月6日から継続的にブログを書き続けています

月によってはほとんど書いてない時もありましたが、やめずに続けてこれた

 

きっかけは、ある日書店に立ち寄った時に、堀江貴文さんにスポットを当てた雑誌を立ち読みしたら、イケダハヤトさんが紹介されていて、ブログで飯を食っている人がいると知ったからです

 

プラスして、1年間で目標を決めて、それをブログで管理したら自分にとって役に立つのではないかと思ったからです

www.update-plan.com

*記念すべき1本目の記事です。大失敗しました

でも世の中そんなにうまくいかなくて、計画は大失敗したし、いまだにアクセス数を稼ぐことができていません

正直言って、壁に話しかけているような感覚です

 

そんな状態で、なぜブログを続けることができているのかということと、アクセス数を稼げていなくても辞める必要はないということを強く主張したいと思います

ブログで食うことが目的なの?

多くのブログを書いている人はSNSでプロブロガーをフォローしますよね

プロですので、人より長くブログのことについて考えているし、プロブロガー同士のつながりも強いです

 

そんな人たちに会社員である自分が勝てるはずありません

一日最低8時間は会社で働いているし、その内容はコンプライアンスの問題でブログに書くことなんて到底できません

 

われわれ会社勤めが働いている間に、プロブロガーたちはブログのことについて考えたり、情報を交換しあったりしているわけです

 

 

そんな中で会社勤めがブログを書く意味というのはお金を稼ぐことではなくなってきます

まれに社会人で月数万稼いでドヤっている人がいますが、その程度のお金、今だったら一定の額を仮想通貨に注げば稼げるんじゃないですか?

 

お金を稼ぐということが目的になったらブログは効率悪いですね

2~3年はコツコツやる必要があるのではないでしょうか

 

ブログをやる目的は「自分のやったことや考えていること」の履歴をつくるため

そんな中でもブログを書き続ける理由は自分がやったことや考え方の履歴を残すためだと考えています

プロブロガーを毎日SNSでみていると何かその人のことを良く知った感じがしませんか?

 

実際会ったこともないのに、ブログを通じてその人の頭の中や生活が見えてくる

これって例えば、企業が人を雇うときに学歴より参考になる資料となりうるんですよ

d.hatena.ne.jp

Chikirinさんのブログでも書かれています

これからは学歴よりSNSなどを通じて自分の思考を人にわかりやすい形で発信する能力が大きな判断要素となるのです

 

もっと小さなレベルでもブログは有意義で、いつどこで何をやったのか、そして何を感じたのかをすぐに引っ張りだすことができるのです

 

「あぁこの時はこんなことを考えていたのか」とか「こんなことやっていたのか」とか人ってけっこう目まぐるしく変化する生き物なのだということがわかります

 

これは続ければ続けるほど面白くなってきます

大学一年あたりからブログ始めていればなぁと若干後悔しています

ぜったい当時と現在の自分を比べたら面白いのになぁ...

 

SNSやブログに自分のやったことや思ったことを記録していくと、将来的に大きな資産になります

僕はブログを書くのが向いているみたいなので、継続的に書いていきます