NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

マイホームヒーロー 1巻感想

漫画『マイホームヒーロー』1巻の感想です(ネタバレありです)

 

まずは内容を簡単にご紹介します

頼れる妻と、ちょっと反抗期気味だけど可愛い高校生の娘。鳥栖哲雄の人生はそれなりに幸せだった。娘の顔に殴打の傷を見つけるまでは。「100万の命の上に俺は立っている」の山川直輝、「サイコメトラー」「でぶせん」の朝基まさしの異色コンビが描く、罪と罰、愛と戦いの物語、開幕!

*Amazonより引用

とても引き込まれる表紙なので、前々から気になっていました『マイホームヒーロー』なんですけども、表紙からは予想できないほど、飄々としていますw

 

鳥栖哲雄(47)はおもちゃメーカーの営業職をやっており、プライベートで推理小説をネットに投稿しています

この推理小説を書いているという点が、本作では大きく役に立っていくわけですけども

 

哲雄の娘である零花は高校生です

哲雄は定期的に、1人暮らしをしている零花に会っているのですが、ある日、零花の顔に殴打の傷を見つけます

 

嫌な予感がしますね。話の始まりとしてはよくあることではありますが...

この傷は零花の彼氏である麻取延人がつけた傷でした

 

実は、この麻取延人は零花の祖父の店「和服の鳥栖」の金を狙う詐欺組織の一員でした

金を狙って、零花と付き合うよう仕向けたわけですけど、コイツは感情が高ぶると暴力をふるう癖があるのです。過去2名、殴打で殺しています

 

ここまではなんてことないですね。普通のよくあるストーリー展開です

娘の関係者が金持ちで、それを狙う悪いやつらという図式は漫画でも映画でもよく見られる設定ですからね

 

この後の展開が面白くて、娘を心配した哲雄は零花の家に合いカギを使ってあがりこむわけですけど、その間に延人が帰ってきます

 

そして延人が詐欺組織の一員であることを知ってしまうわけですけど、なんとその場で哲雄は延人を撲殺します

 

こんな早々に「敵」となる人物が殺されるのは初めて見ましたね...

というのも重要なのはそこじゃないからなんですよ

 

面白いのは殺した後で、なんと哲雄の妻である鳥栖歌仙も零花の家に来ます

普通だったらその場で叫ぶか「この人でなし!!!」とか言って離婚し、哲雄が独りになるとかなんでしょうけど、歌仙もこの殺人に協力すると言い出しました

 

つまり遺体処理に加担し、共犯となる意思を示したということですね

奥さん理解力高すぎるし、哲雄に献身的すぎるだろwwと思いましたが、それは漫画なのでスルーで

 

そこからは推理小説を書いているという点を活かして、サクサクと処理を進めていきます

しかし、殺された延人の父が詐欺組織のとりまとめをしているのですが、消息が途絶えたことを不自然に思った延人は部下を捜索に出します

 

まぁ当然、安寧の内に殺して処理して終わりというわけにはいきませんからね

それにしても哲雄の冷静な対応、妻である歌仙の高い理解力には脱帽ですね

やっていることは完全に犯罪ですし、場合によっては死刑に処されることですけどw

 

推理小説の投稿をこういう形で役に立たせるという点も斬新で、好きです

「なるほど」と思うようなアイデア、分析があって、同時に「こんなに気にしなければならないことがあるなら、完全犯罪なんて基本的に無理だろ」と思いました

みなさんはゆめゆめ、殺人なんて犯さないようにしてくださいね

 

この後の展開が非常に楽しみです