NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

2泊3日で島根・鳥取旅行!! マジで寒かった...

f:id:updateplan:20180218095747j:plain

2月9日から11日の2泊3日で島根県、鳥取県に旅行へいきました。

マジで寒かったですねぇ。北陸ほどではないにせよ雪が降っていました。

  

これで中国地方は残すところ山口県のみとなりました。

www.update-plan.com

広島と岡山はすでに行っています。

 

さて、島根県、鳥取県では主に何を楽しんだのかといいますと。。。

島根県では出雲大社と世界遺産である石見銀山遺跡、鳥取県では境港の水木しげるロードを楽しんできました。

 

鳥取では砂丘に行きたかったのですが、絶対的に寒いと思ったので断念しました。

砂漠は風強いみたいですからね。凍え死んでしまう。。。

 

さて、1日目から3日目までどこで何をしたんのでしょうか!

 

1日目:出雲大社で縁結び!

羽田空港から出雲縁結び空港まで約1時間のフライト。

空港に着いたら、さっそく荷物をホテルへ送りました。

あらかじめ総合案内所を確認しておきましょうね。荷物を送るサービスをやっていない場合がありますからね。空港はどうなんだろう・・・。

 

1日目は出雲大社にいきました。

www.izumooyashiro.or.jp

JR出雲市駅から一畑バスで約25分かかります。

雪が積もっていたので、40分くらいかかりましたが・・・。

 通常の神社では二礼二拍手一礼ですが、出雲大社では二礼四拍手一礼です。

 正確には一拝・祈念・ニ拝・四拍手・一拝のようですが。

 

出雲大社では5月14日の例祭では八拍手します。

例祭以外は、その半分である四拍手というのが理由となっているようです。

 

当日は雨が降っていましたが、そこまで寒くなく、境内をゆっくりと周ることができました。

出雲大社の神様は、すべての「ムスビ」の神様たちですので、男女の縁のみならず、仕事とお金の縁、家族の縁、人々との縁など様々な「ムスビ」を願ってみましょう。

 

神社仏閣はどこも落ち着いた場所で、リフレッシュにはぴったりです。

都会の喧騒に疲れた人は、神社仏閣に行ってみるといいです。静かな気持ちになれますよ。僕はもはや神社に住みたい・・・。

 

島根和牛のライスバーガーと出雲ぜんざいを食べました。

島根和牛のライスバーガー:島根和牛ご縁ライスバーガー

出雲ぜんさい餅:出雲ぜんざい餅 | 出雲大社正門前商店街

伊勢神宮の時もそうでしたけど、神社の近くって必ずぜんざいありますよねw

どちらもメチャウマでした。

 

夜は島根ののどぐろ、シジミの酒蒸し、地酒・・・。

出雲市駅近くにある「山頭火 出雲店」にいってきました。

そこではのどぐろ、シジミの酒蒸し、地酒などを堪能することができます。

石川県・金沢市で食べることができていなかったのどぐろを食べることができました。

 

油がじゅわっと出てきて、味も濃く、酒ととても合うんですよねぇ・・・

日本海側の県に来たら、マストで楽しむべき魚です。

 

2日目:13か所目の世界遺産「石見銀山遺跡」

思えば、昨年11月に行った「中尊寺金色堂」以来、行っていなかった世界遺産。

ちなみに1年前は「日光の社寺」に行っていたようです。ブログやってるとすぐに履歴を追えるから便利ですよ。

www.update-plan.com

www.update-plan.com

島根県にある世界遺産「石見銀山遺跡」に行ってきました。

ginzan.city.ohda.lg.jp

島根県の真ん中である大田市に「石見銀山遺跡」はあります。

出雲市駅から30~40分で大田駅に到着します。

 

時間は大田市駅からバスで20~30分くらいですかね。

大森代官所跡でも大森でもいいのですが、銀山の近くまでバスが運んでくれます。

おしゃれなお店も楽しみたい人には大森代官所跡バス停がいいですね。

 

30~40分くらいトコトコ歩いて「龍源寺間歩」まで行きます。

自転車も借りることができるので、歩くのが面倒な人は借りていきましょう。

到着しました。石見銀山遺跡の中の天井はかなり低いので、割と背がある僕は腰がきつかった・・・

 

石見銀山は戦国時代後期から江戸時代前期にかけて日本の最盛期を支えてきた鉱山です。

当時は今の金と同等程度の価値があった銀。

日本は世界の3分の1の銀を産出していたといわれていますが、そのかなりの部分が石見銀山から採掘された銀とのこと。

 

しかし、当たり前ですが銀の産出には限界があります。

銀が採掘されなくなってからは人口が数十万人から数百人にまで減ってしまいます。

 

当時の人々がどのように鉱山を切り開いてきたのか、その様子が絵で描かれています。

ゴールドラッシュならぬ、シルバーラッシュであった日本。様々な歴史を経て今に至ります。

 

3日目:鳥取・境港へ!!

3日目は鳥取へ向かいました。

最初は鳥取砂丘にいきたいと思っていたのですが、さすがに寒すぎるだろうと思い、断念しました。

今回は境港市へ行きました。ここは水木しげるロードで有名ですね!

www.sakaiminato.net

『ゲゲゲの鬼太郎』の作者で有名な水木しげるさんの出身地ですからね。

 

水木しげるさんの作品や生い立ちについて知ることができる「水木しげる記念館」も楽しんできました。

mizuki.sakaiminato.net

水木しげるさんは「自分の好きな道」で生涯食いきった漫画家です。

今は「好きなことで生きていく」ことにフォーカスされていますが、水木しげるさんの時代で「好きなことだけで生きていく」には、大きな壁がいくつも立ちはだかります。

 

戦争で片腕を失うなどの経験もありつつ、「自分の好きなこと」で生き抜いてきた敬意を表すべき人物です。

水木しげるさんの名言で好きなものはこれ。

 熱中する能力、いわば「好き」の力ほど、人生を生きていくうえで大事なものはないような気がする。

 熱中する力はどんなテクニック、ノウハウも凌駕します。

ありえないといわれていたことを、現実にする力です。

 

世間のしがらみ、他人の思惑に惑わされて生きることがつらいという人は水木しげる記念館にいくといいです。

彼のバイタリティー、考え方に救われると思います。

 

これで、島根・鳥取旅行は終了です。

雪の影響で帰れなくなることを危惧しましたが、無事に帰ることができました。

30分くらい、フライトが遅くなりましたが・・・。

 

まだまだ行けていない場所がたくさんあります。

島根は松江市にも行ってみたいし、足立美術館にも行ってみたい。

鳥取は砂丘に行きたいし、米子にも行きたい!!

日本海の海産物もたくさん堪能したいですしね~