NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

吃音症のキツさをリアルに描く漫画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

f:id:updateplan:20180311131808p:plain

あなたは「吃音症」って知っていますか?

吃音症(きつおんしょう、stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。

出典:吃音症 - Wikipedia

 言葉の最初が出てこない。出てきたとしても何度も繰り返してしまう。そんな症状を指します。

この吃音症のキツさをリアルに描写している漫画があるのです。

 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

 

この漫画は一巻完結で、大島志乃という名前の女子高生が吃音症であり、いろんな場面で苦労する。この描写が本当に心にきて、きつい。

途中で読むのをやめてしまいたくなるような現実に、心が痛くなります。

 

 志乃ちゃんは特に母音を発音する時に、何度も繰り返してしまうという症状をもっています。

なので、自分の名前である”おおしま”が発音できません。

 

学期のはじまりには、自己紹介をする機会がどの学校にもありますよね。

そこで、志乃ちゃんは家で何度も練習した自己紹介をしようとします。

 

しかし、本番では「お!お!お!」と何度も何度も繰り返してしまい、それはもう必死の形相で、作者である押見修造さんの画力もあり、もうこの場面で心がぎゅっとなります・・・

 

「志乃・大島です!ぎゃっ・・・くから いっ・・・発音するとっ!!」と言いますが、みんなから笑われてしまいます。

吃音症を知らない人からみたら、ふざけているようにしか見えないのです。

 

物語は進み、加代ちゃんというギターはうまいけど、歌がへたくそな女の子に出会います。

志乃ちゃんは歌をうたえば、症状がでないので、バンドを組むことになりました。

ギターは加代ちゃんでボーカルは志乃ちゃん。

 

この二人の間でもいろんな衝突がありましたが、それは読んでからのお楽しみ。

 

上手く人とコミュニケーションをとれないもどかしさ。

勘違いされてしまう苦しみ。

しかし、誰かとうまく補い合えば、すばらしいものを生み出せる。

 

ハンデを追っているかもしれない。でも種類が違えど、自分の「普通の人よりできない」ということに悩んでいる人たちがたくさんいる。

 

病気でも性格でも、他の人にはないハンディキャップみたいなものを持っている人たちは勇気づけられる作品だと思います。

 

あとがきで、作者である押見修造さんも吃音に悩まされた経験があると書いてあります。

しかし、吃音だからこそ、相手の表情、仕草から感情を読み取れるようになって、漫画に活かされているといいます。

吃音でなければ、漫画の道に行っていないということなんですよね。

 

僕も緊張していたり、頭のはたらきがよろしくないときは、どもってしまいます。

だからこそこうやって継続的にブログを書き続けられているのかもしれません。

ブログではどもることなんて関係ないですからね。

 

吃音だけでなく、さまざまなハンディキャップに悩まされている人は『志乃ちゃんは僕の名前が言えない』を読むと前向きになれると思います。