NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

名作の予感しかしない『ドラゴン桜2』!

f:id:updateplan:20180325231319p:plain

みなさん覚えてますか?『ドラゴン桜』という名作を。

偏差値30台のおバカさんが東京大学の現役合格を目指す漫画ですよ。

阿部寛さん主演でドラマ化もしました。個人的に超レアだと思っているガッキーのギャル姿をおがめるアレです。

 

漫画自体は2003年から2007年まで連載していました。

そんな昔なんですね・・・ 僕が中学生のときです。高校受験のとき読んでいた気がします。

 

それから11年の時を経て『ドラゴン桜2』として復活しました。

大学入試改革を視野にいれた新しい受験対策を伝授してくれるみたいです。

あらすじからご紹介しましょう。

「東大なんて簡単だ」

バカで有名な龍山高校から東大合格者を輩出し、学校の建て直しに成功した東大合格請負人・桜木建二。

2020年教育大改革を目前にしながら、すっかり落ちぶれてしまった龍山に、再び桜木が乗り込む。

片腕はかつての教え子・水野直美。絶大な権力で龍山を支配する女帝・龍野久美子と、シラけきった全校生徒を前 に桜木が叫ぶ。

「大学は東大!東大へ行けっ!」

 本当に名作の予感しかしませんでした。

三田さんの作品は『インベスターZ』など名作ぞろいですが、『ドラゴン桜2』も一つの社会現象まで上り詰める予感がするんですよね。

 

1巻から桜木が飛ばしまくっているので、本当に読んでください!

 

生徒を煽りまくる

桜木が早速、だらけきった生徒たちを煽って煽って煽りまくります。

「ったくお前たちは・・・グズでノロマだな」

「勉強も学校生活もみんな中途半端 毎日なんとなくぼんやり過ごし一日中スマホをいじってゲームばかりやっている」

「適当に勉強し適当な大学に入り適当な社会人になる それで無難に生きていけると思っている!」

「だがお前たちはなんにもわかっていない! この先適当で無難な人生なんてないんだよ!なんとなくぼんやりと生きられた時代は終わったんだ!」

「そんなことを知ろうともせずボケーっとした日々を送っている! まったく吞気でダラけた高校生!」

「無関心無気力甘ったれの根性なし! 弱虫腰抜け!」

「お前らなんて世話の焼けるタダメシ喰らいだ!なんの取柄もない役立たずだ!」

「これだけ悪口言われても平気なのか! さんざんボロクソにけなされてもヘラヘラ笑っているだけか!だからお前らはダメなんだ!」

 これを一気に言いますからね。メチャクチャな煽りです。すごい。

こんだけけなされても、あくびをしたり、ヘラヘラしながら「え・・・何キレてんの・・w」という生徒がたくさんいます。

 

この現象はどの世界でも共通で、煽られまくってるのに自分のことだと思ってないんですよね。もしくは自分を変えるつもりがない人。

 

人はそう簡単に変わりません。

さらに高校生ですので、もっと多感。「おっさんうぜーよ」で片づけてしまう人が9割じゃないですかね。

しかし、桜木の狙いは「全員を変えること」ではありませんでした。

数人でも動いてくれればいい

 桜木の狙いは、たとえ一人でも危機感を感じて、もしくは好奇心をくすぐられて動いてくれる人が出てくればいいというものでした。

僕も感じていますが、本当にグズでノロマな人は一生変わりませんからね。

自分のせいで損しているのにも関わらず、死ぬまで誰かのせいにし続けます。

 

まぁそういった人たちがいるおかげで、適切な努力をしている人たちが報われるんですけど・・・ 本当にありがとうございます。

 

また、多くの高校生は親の保護下にいる人が多いでしょうから、危機感を感じないのも無理がないかなと思います。

本当にアカンのは自活できる経済力をもった大人がなんの危機感ももたず、特にやりたいこともなく毎日を死んだ目ですごしていることです。

 

電車の中でスマホをいじっている大人を見ると「大丈夫か・・・?」となりますからね。

スマホをやめられない人は下の記事を読んでみて下さい。

www.update-plan.com

あと、すべてのムーブメントは少人数の動きから波及していくものですからね。

本当に誰かが1人でも動いてくれるのがベストですよ、最初は。

二度と「頑張る」という言葉を使うな

桜木の煽りによって二人、東大進学コースに入ってくれました。

そこで桜木に言われたことは「今後・・・二度と「頑張る」とは言わない」ということ。

 

僕も油断すると使っちゃうんですよねぇ。「頑張る」という言葉。

これ「僕は/私は何も考えていません」という意味なんですよ。

 

桜木がいうには、もっと具体的に何をするか口にしろということ。

「偏差値5上げるために頑張ります!!!」ではなく「○○という参考書を一日〇ページ読んで、問題集を一日〇問解きます!」と言えということです。

 

具体的にどう頑張るのかを明確化するわけですよ。

実際にどう行動するのかが重要ですからね。

 

僕も塾講師のアルバイトをやめてから3年が経過しようとしています。

受験業界が今度どうなっていくのかについて少し興味があるので、継続して読んでいこうと思います。