Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

「自分に向いていること」は”すぐに結果を出せること”ではない

f:id:updateplan:20180329233420p:plain

僕、最近まで勘違いしていたんですよ。

「自分に向いていること」って「始めてすぐに結果が出せること」だと思ってました。

例えばブログの世界でいうと、ほんと数ヶ月とかで結果だしてくる人いるじゃないですか。

 

そういう人が真にブログに向いている人なんだなぁと思って、若干意気消沈していたんですけど「その考えは間違っているのではないか」と思うようになったのです。

本当に自分に向いていることって「無理なく継続できること」なんですよ。

たいがいのことは継続していれば結果を出すことができます。試行錯誤を忘れなければ。

 

そこで重要になってくるのが「無理なく継続すること」なのです。

いちいち取り掛かるのに異様なまでの気合をいれなければならないのは、やはり向いていないのです。

 

自分にとって始めるハードルが低いものが本当に適性のあることなのです。

その考えでいくと、僕はブログがぴったりです。なんせ結果がパッとしなくても2年弱くらい継続してこれているのですから。

もちろん結果は出します。継続しているだけで良しとは思っていません。

 

結果は大事ですが、それよりもまず「無理なく続けられているか」に注目したほうがいい。

そして無理なく続けられることに全力で取り組むのです。試行錯誤を忘れずに常に上を目指し続ける。

そんな泥臭いことをストレスフリーで前に進められるか

 

さて、ではどうやったら「自分に向いていること」を見つけ出すことができるのでしょうか?

それは・・・興味あることを片っ端からやっていくことです。

 

的を絞ってやっても、本当に続けてやりたいことって、やってみないとわからないものなんですよ。

かく言う僕も大学時代とか「ブログなんて、そんなめんどくさいことやってられるか」って思ってましたからね。アフィリエイトとかもなんとなく胡散臭いイメージありましたし。

 

いや~ 向いてましたね。ブログ。楽しいですよ。

続けやすいし、終わりがないし、お金稼げるし、ライバルがたくさんいるし、最高のツールじゃないですか。

 

大学時代からブログやっておけばよかったです。

本当に自分に向いていることは「行動する」ことでしか見つかりませんね。

 

今流行りの「多動力」って一本柱つくってそこから横展開することですから、まずは柱を見つけましょう。

『多動力』という堀江貴文さんが書かれた本があるので、読んでみてはいかがでしょうか。これからの時代を生き抜くのに必要な力なので、本質を理解するためにも最適な本です。

 

「自分に向いていること」をはやく見つけて、全力で取り組んでみましょう!