Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

営業が「しんどい」と感じてしまうのは「納得がいかないから」

f:id:updateplan:20180425223810p:plain

営業をやっている人の多くが何度か持つであろう「しんどい」という気持ち。

僕も最初は本当にしんどかったです。今はかなり軽減されていますが。

 

でも、せっかく始めた仕事だしどうせだったら楽しくやりたいですよね?

なんで営業を「しんどい」と感じてしまうのか。

それは「納得がいかないから」なのです。

自社製品・サービスに納得がいかない!

これはですね、本当にきついですよ。

自分が販売しているものに納得がいかないと販売することはまず不可能だと思っていいです。

製品・サービスの良いところを言うことができないので、お客さんはなおさら欲しがらないです。

 

演技をしてもバレますからね。

「この人の話し方、上滑りしているな」と気付かれてしまうのです。

 

自社の製品・サービスは本当にいいものだと信じることは営業の大前提です。

どう考えてもプライドを持つことができないとなれば、転職してしまいましょう。

ずっと居続けてもゼッタイに結果を出すことはできません。

 

よくわかっていないから製品・サービスの良さがわからない場合は、転職せず、まず勉強してみましょう。

知らなかった良いところが見えてきて、プライドを持つことができるかもしれません。

お客さんの対応に納得がいかない!

営業をやっていれば必ず出くわしてしまう「道徳のないお客さん」

面白いことにさんざん値引きを迫ってくる人に限って、いざモノをみて、ちょっとでも過失があればクレームをいれるのです。

 

「あなたのために最大限のサービスをしたのに!!」と思うはずです。

実際、僕も何度も思いました。

 

やるせない気持ちになり「営業ってしんどいなぁ」と感じてしまいます。

営業をはじめて、一番不条理を感じてしまうのがこの瞬間なのではないでしょうか。

 

解決方法は「お客さんの要望をしっかりヒアリングして、本当の要求を見つけること」です。

お客さんは何もかも知っている状態で、営業と話をしていないのです。

多くの場合、自分でも何に悩んでいるのかわかっていません。

 

そこは営業がしっかり話を聞いて、本当の悩みを見つけだし、自社の製品・サービスで最大限解決するようにしましょう。

クレームはお客さんの本当の要望がわからないまま、相手をしてしまうことから発生します。

数字を追うのに納得がいかない!

大学生から社会人になり、利益を追い求めるようになります。

お金を稼ぐことができない営業は、会社という面からみたら、あまり必要のない人物ですからね。

 

お金を追い求めるのは「卑しい行為!」と思う人は、利益を愚直に追う営業はしんどいなと感じてしまいます。

 

しかし、違う発想の仕方をしてみてください。

お金をもらうということは、それだけお客さんが製品・サービスを「良い!」と思っているということです。

あなたはお客さんの悩みを解決したから、その対価としてお金をいただいているのです。

そう考えると、お金をもらうということは「営業能力の高さ」を意味します。

 

お金を稼ぐ営業は「卑しい」のではなく、「信用を集めることができている」ということです。

そう考えると「利益を追う」というのは卑しい行為ではありませんよね?

営業の本質を考える記事一覧

www.update-plan.com

営業とはどんな仕事か、本質を考えた記事です。

あなたの悩みを解決するキーワードがちりばめられていると思います。

www.update-plan.com

営業は体育会系にだけ許された職業ではないのですよ。

むしろ内向的な人の方が向いているくらいです。

営業が「しんどい」と感じる人は必見の記事です。

「しんどい」営業から解放される本

『感謝される営業 超ローカルビジネスの未来』

 

感謝されるというのが営業の本質です。

ひたすらポジティブに営業をする姿勢は学ぶべきです。

『僕は明日もお客さまに会いに行く。』

 

これは本当に良書です。別記事でも紹介していますが。

営業の楽しさというものを小説形式で教えてくれます。

 

本記事と本を読んで、明日からまた晴れやかな気分で仕事を始めることができるようにしていきましょう。