Now Updating...

HASTA LA VISTA BABY

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は最高傑作だった。

f:id:updateplan:20180428222847p:plain

2018年4月28日に『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を映画館で観てきましたので感想を書きます。(ネタバレなし)

cpn.disney.co.jp

光速で過ぎていった約2時間30分・・・

本作の上映時間は149分。つまり約2時間30分。

一般的に映画は2時間程度ですので、割と長い部類に属すと思うのですが、光速で時間が過ぎ去っていきました。

 

体感時間は30分くらいだと思います。

とにかく映画が始まった瞬間から飛ばしていきますからね。

 

最初からクライマックスレベルの展開になっているのに、終盤に向かってさらに盛り上がるのが本作の恐ろしいところ。

戦闘に次ぐ戦闘だけではく『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も入っているのでギャグも一流。何回も笑える場面があり、精神的に楽にみることができます。

戦闘シーンは最高の見どころ

戦闘シーンがメインで進んでいきますので、当然見どころは戦闘シーンなのですが、どれもこれもメチャクチャかっこいい・・・

 

そして各戦闘シーンは次の展開につながる重要なシーンでもあるのです。

本作の大ボスであるサノスとアベンジャーズetcの戦いは興奮します。絶対に。

 

そして各シーンでドラマがある。

1つ1つの戦闘で、映画が1本つくれるのではないかというほど密度の濃いものになっています。

終わり方は誰にも予想できない

本作の終わり方は誰にも予測することができません。

目が点になりましたよ、本当に。

 

エンドロールがはじまって終わるまで呆然としていました。

映画館も絶妙な沈黙につつまれていました。わかりますかね、あの「みんな唖然としている時の沈黙」。アレです。

 

もちろん悪い意味で唖然としていたわけではないです。

とにかく予想できない展開だったのです。恐ろしい作品です。何度も言いますけど。

今までのMarvel作品は準備でしかなかった

本作が本当に集大成すぎて今までの作品はこのための準備期間であったということがわかります。

そして、本作もまだまだ続きがある。終わってまた始まるイメージです。

*終わったのかどうかもわからないのですが・・・

 

この作品を100%楽しみたいのであれば、今までの作品を観ておくことをお勧めします。

僕は3年間で1000本の映画を観るという目標を立てて、その一環で今までの作品を観てきましたが、本当に観ておいてよかったというのが正直なところです。

 

Marvel作品には「フェーズ」という概念があり、4つのまとまりから成っています。

本作は「フェーズ3」に含まれます。

これから『アントマン&ワスプ』『キャプテン・マーベル』『インフィニティウォー2』が公開予定ですが、どこからフェーズ4が始まるのかわかりません。

 

この作品で一気にMarvel作品に引き込まれると思います。

完全にしてやられました・・・