NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

仕事がきつくなったら「すべて投げ出したあと世界がどうなるか」を考える

f:id:updateplan:20180602000356p:plain

新入社員はそろそろ仕事がつらなくなってきたのではないでしょうか。

先輩・上司に毎日のように怒られ、やる気をなくしている人が多いかと思います。

 

僕は新卒で入社した会社を半年で辞めていますが、この時期くらいから本気で辞めることを考えていました。

今の会社でも入って数ヶ月は毎日のように怒られ、自信を完全になくし、会社に通うのが本当に嫌でした。

しかし、もう入社して2年経過していますから、そろそろ怒られないようになってきました。完全に0にすることは無理ですけど。

 

世知辛いのが、仕事ができるようになってくるとさらに仕事が降ってくるんですよね。

「まだまだ余裕じゃん」と思われてしまうのです。余裕で何が悪いのかわかりませんが。

 

なので、仕事に忙殺される人が続出し、精神的に追い込まれていきます。

きついですよね。僕も何度も悩まされてきました。

 

しかし、やっと「どんなに仕事がきつくても精神的に楽になる方法」を見つけてしまいました。それは・・・

 

「すべて投げ出した後世界はどうなるのか」を考えることです。

会社員である以上、あなたが急に仕事を投げ出したとしても何も起きません。

いきなり世界の情勢が悪化してしまうなどは起こりえないのです。

 

1人1人に割り振られた仕事なんて影響力的には小さいんですよ。

しかも会社員なので、最終的な責任は会社がとるわけです。

 

あなたの財布が直接痛むわけではないし、あなたの住んでいる世界に大きな悪影響を及ぼすわけではありません。

最悪、クビになるくらいじゃないですか。死んでしまうこともありません。

 

「仕事を急にやらなくなっても世界は変わらない」ということを体感するために、有給休暇をとってみてください。

そして、電話やメールなどが気になるかもしれませんが、一切対応しないようにしてみてください。

 

あなたが電話やメールを1日返さないことによってニュースになったり、周りの世界に悪影響を与えましたか?

何も起きないはずです。

 

むなしくなってしまうかもしれませんね。

自分が必死になってやっている仕事はそんなに小さいものなのかと。

でも、影響力はほとんどないという意識でいれば仕事以外の時間でなやむ必要はありません。

 

当然、仕事の時間中は目の前の仕事を片づけるようにしなければいけませんが、何か問題が起きたとしても、仕事の時間以外で「自分はなんて無能なんだ」とか「仕事がとまってしまったら自分の責任だ・・・」なんて思い悩む必要はないのです。

 

会社は誰かが仕事をストップさせたとしても、穴埋めをする体制になっています。

というか体制が整ってなかったら、どんだけ危機管理ができていないんだという話になります。

 

あなたが無能なんてことはいっさいないし、仕事がきつくてもあなたが思い悩む必要はありません。

何が問題の解決の糸口になるか冷静に判断しながら、物事をすすめればいいのです。