NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

ブログはまず続けないと意味ないですね

f:id:updateplan:20180605063045p:plain

僕は2016年4月6日にブログをはじめて、2年以上書き続けています。

このブログを始める前に2個くらいつくりましたが、継続することができなかったんですよ。

 

もともと文章を書く習慣がなく、大学のレポートを提出するのにも四苦八苦していた僕がなぜブログを2年以上も書き続けていられるのかをまとめました。

アクセス数を気にしない

数ヶ月で数十万PVをかせぐブロガーをみると、どうしてもあせってしまいますよね。

僕も何度も何度もあせりましたし、「自分には才能がないのかも」と思ったこともあります。

 

でもそういう人って、もともと文章を生業としていたり、中学生くらいのときから文章を書くのが得意だったりします。

 

すぐ結果を出しているように見える人も何かを積み重ねてきているのです。

何も積み重ねてこなかった人がすぐに結果を出すことは難しいですよ。

 

なのでアクセス数を気にせず、自分の書きたいことを書いていくのがいと思います。

その内容が誰かの役に立っていればいいのです。

自分の書きたいことを書く

もともとブログはネット上に公開する日記です。

なので、本来何を書いてもいいんですよ。その日思ったこととか日頃感じていることでいいのです。

 

読者に受けそうな記事ということで、いろいろ考えてしまうから何も書けなくなってブログをやめてしまうのです。

すぐに結果をだすことよりも、継続させる方がよっぽど重要ですよ。

 

すぐに結果を出せることが得意なことではなく、ストレスフリーで続けられることが得意なことなのです。

一般的にオピニオン記事はあまりアクセス数がよくないものだけど、僕は思ったことガンガン書いていますよ。

 

それでもいいじゃないですか。たとえ1人でも役にたっていれば、ネット上に公開した意味があるってもんです。

とにかく自分のペースを守って、誰とも比較をせずに淡々とやり続けることです。

「文章を書く力」は継続しないと身につかない

先述したように、僕は大学時代、レポートを書いたり筆記式の試験問題に回答するのが苦手でした。

とにかく自分の書きたいことが何もでてこない。自分の意見といわれてもなんだか薄っぺらいものしかでてこない。

ブログを書き始めのころもとにかく、1000文字書くのもしんどかったです。

 

それでもブログを書き続けていたら、いまでは1000文字程度の記事を書くのはまったく苦じゃないし、あっという間に超えています。

これはもう具体的なノウハウみたいなものはなく、継続してきたらこそ身についた能力だと思っています。

 

ただ、文字数が多ければ多いほどいいわけではないので注意。

同じ記事内で同じテーマを言葉を変えるだけで、何度もくりかえすのはしつこいですよね。

最初から「特化型ブログ」はおススメしません

ブログを始める前からもうすでに専門特化したものを持っている人は最初から特化型ブログをやっていいと思いますが、中途半端なまま始めると、途中でネタ切れになります。

 

僕は最初に語学学習に特化したブログをつくろうとしましたが、ネタ切れになりました。

語学学習に関する本をみたことがある人は知っていると思いますが、どれも薄いんですよね。

ようするに語学学習って、やり方についてはある程度答えが出ているんですよ。

なので、ブログで語るにしてもすぐに限界が来てしまうのです。

 

このように、選んだテーマが浅いと特化型ブログを更新するのが厳しくなってきます。

深いテーマを持っていない人は雑記ブロガーを選んだ方がいいです。

 

雑記ブロガーになれば、なんでも書けるかわりに記事数を重ねていかなければなりません。

「こんな内容が薄い記事を書いても大丈夫かな?」なんて気にする必要ないので、とにかく一つ一つ積み重ねていきましょう。

まとめ

ブログを続けるコツは・・・

1、アクセス数を気にしない

2、自分の書きたいことを書く

3、文章力は続けることでしか身につかないと心得る

4、特化型ブロガーは避ける

 このことを意識すれば、ちゃんとブログを続けることができます。

書き続ける中で自分の正解というものがみえてくるのです。