NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

"Focus on what you can control"思考は自分を助けるよ

f:id:updateplan:20180606215601p:plain

最近、僕はこの思考方法を徹底するようにしています。

”Focus on what you can control"です。

日本語に訳すと「自分がコントロールできることに集中せよ」。

この思考法は他人に振り回されず、環境に左右されず、自分の人生を楽しむためには必須の思考法なのです。

他人のことを変えることなんてできない

www.update-plan.com

この記事で書いた通り、誰かのことについて文句を言ったり悪口を言うことは何の意味もありません。

また、本人に直接いったところで、人の性格・性質なんてものはそう簡単に変えることができないのです。

そこを謎の正義感を持ち出して相手に変わってもらおうとしている人がいますが、それはただ消耗するだけです。

 

他人の人生はコントロール外なので、気にする必要がありません。

自分が変わるか、環境を変えるかして自分の人生をより生きやすいものにアレンジしていったほうが何倍も楽しいし、コントロール内なので簡単に改善することができます。

「あらゆるできごとは自分の責任」という思考で自分を助ける

自分のコントロールできる範囲のことに集中していますので、あらゆるできごとは自分の責任ということになります。

同調圧力の中、他人に責任をなすりつけて、変えられないことに執着している人には理解できない思考回路なんですよ。これって。

 

上記の人はあらゆる人のことを考えているようで、責任を押し付ける相手を探しているだけなんです。

自分の人生だけを考えられる、自分のコントロールできる範囲のことに集中する人は何でも、自己責任です。

 

コントロール外のことを考える人は正義感だけ強く、あらゆることを主張しますが、結局何も変えることができません。

変えられないくせに、自己責任論の人に「もっといろいろな人を配慮すべき!」というのです。

ではあなたはその「いろいろな人たち」に具体的に何をやれているのかと問いたくなりますね。

 

ブラック企業にはいり限界まで追い込まれてしまう人も"Focus on what you can control"思考を持ってれば、早々に見切りをつけて逃げることができます。

 

「うつ病になって限界まで追い込まれた人は逃げることすら考えられない!!」と主張する人がいますが、この状態は非常によくわかります。僕も近い状態まで追い込まれたことがありますから。

 

でも、僕や他の人がその人に何をやってあげれるのでしょうか。

朝から晩まで働き詰めでうつ病になってしまった人が誰に相談するというのでしょうか。

これって完全にコントロール外のことなんですよ。法律を制定する能力を僕らは持っていません。

 

だから僕たちは「自分のコントロールできることに集中しましょう」「自己責任です」と言う他ないのですよ。

"Focus on what you can control"思考を持つことによって自分で自分を助けることができます。

コントロール内のことに集中すれば他人に対して腹が立つことがなくなる

"Focus on what you can control"思考の人は基本的に他人に対する期待値が非常に低いです。

文字通り相手に期待をしていないということではなく、相手のことはコントロールできないので、余計な口出しをしてもムダだと考えているということです。

 

そうすれば他人に対して腹が立つことがなくなります。

怒ったところで相手が変わる可能性が低いから、ありのままの現状を受け入れることができるのです。

 

なんでもかんでも自己責任。この思考法で真に豊かな人生を送りましょう。