NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

僕はなぜテレビを観なくなったか

f:id:updateplan:20180617165122p:plain

いつのころからか忘れましたけど、僕はテレビをほとんど観なくなりました。

例え、旅行にいってもテレビをいっさいつけません。

 

一秒もつけないのです。

ではなぜ僕はテレビをいっさい観なくなったのでしょうか。

スマホの方がコンテンツがたくさんある

スマホにはYoutube、Twitter、Instagramなど情報をインプットもしくはアウトプットするための媒体がたくさんあります。

情報の更新もテレビより速いですし、一気に最新のニュースなどを確認することができます。

 

Twitterをのぞけば、誰かが有用な情報をつぶやいていますし、Twitter内での情報伝達スピードも速いです。

「発信力」を鍛えなければいけなくなるのに、情報の発信ができない上、伝達スピードも遅いテレビを観るのはバカげていますね。

 

スマホの中はいろいろな世界がひろがっていて、自分でもその世界を作り上げることができる点が非常に魅力的で、テレビの魅力を大きく上回りますね。

芸能人の内輪ネタ

僕はテレビ番組の中で芸能人の内輪ネタで盛り上がる番組が一番嫌いです。

どうでもいい芸能人がどうでもいい他人を嫌っていて、挙句の果てに「ピー―」と音が入る。何が面白いのでしょうか?

 

「いやいや、その名前はダメだってーーーー!!」とゲラゲラ笑いながら盛り上がっていますが、僕たち視聴者は誰なのかわからないし、わざわざ詮索することもないので、茶番をみせられている気分になります。

「いやなら、観なければいい」なので、一切観ていませんけど。

 

また、炎上芸やら不倫やらでメチャクチャ叩いている人がいますけど、あなたの人生に何の関係もないのだから放っておけばいいんですよ。

 

なんで友だちになれないどころか会えもしない芸能人のことであんなに腹を立てることができるのでしょう。

あなたにはあなたのやりたいことはないのでしょうか??

有用なコンテンツももちろんあります

歴史などをわかりやすく教えてくれる番組とか優秀なビジネスマンを取り上げる番組とか、編集力の重要性を教えてくれる「世界の果てまでイッテQ」とかは本当に面白いなぁと思います。

d.hatena.ne.jp

ちきりんさんもブログ記事内でおっしゃっていますが「観たいものだけ選んでみる」ようにすればテレビコンテンツにはすごい良いものが多いのです。

 

モノは使いようで、テレビを観なくなったから偉いのではなく、何を観るかやどう観るかが大切なのです。

ただ、個人的にはスマホで提供されるコンテンツの方が肌に合っているので、スマホが完全に中心になっていますが・・・