NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

まず宣言しよう。みんな「結果」しかみていない。

f:id:updateplan:20180625232303p:plain

あなたはもしかしてできるかできないか判断して目標を決めてませんか

多くの人は自分ができる範囲でしか、目標を決めません。

 

なぜかというと失敗したら恥ずかしいし、自信を失うのが怖いからです

なので自分のいまの実力の範囲内でしか、ターゲットを決めることができないのです。

みんなあなたのこと興味ないよ

これはいろいろ発信するようになって思うようになったんですけど、みんな他人に興味をもっていないということです。

もうおどろくほど興味がありません。みんあ自分のことで精いっぱいなのです。

 

なので、失敗したら恥ずかしいというのはチャンチャラおかしい。

あなたの失敗には誰も興味がありませんので、ドンドン失敗していいのです。

 

誰からも怒られることないし、自分が失敗をうけて反省をすればいいだけです。

自信を失う必要もありません。

みんな「結果」にしか興味ないから、なんでも宣言してしまおう

みんな「結果」にしか興味ありません。

なので、その過程で挫折しようが失敗しようが誰も気にしていません。

現に僕自身、Twitterで「4つの柱計画」をやめることにしましたといいましたが、誰も何も言いませんでした。

 

だからこそ、なんでもかんでもやりたいと思ったことは宣言すればいいのです。

ブログ1記事しか書いてなくても「ブロガー」と名乗っていいですし、美術大学とかを卒業してなくても絵をかいていれば「画家」と名乗っていいのです。

 

んで、結果が出そうなことや続けられそうなことなら、そのまま続けて結果を出せばいいのです。

他人は「結果」にしか興味がないので、それだけでOK。

 

なにかをやるための準備に時間を費やすのはナンセンスですよ。

まずは宣言して、それからどうやるか考えるのです。どうやってやるかいつまでもわからないときは「やめよーっと」でやめていいのです。

行動を妨げている理由が「恐怖」なのはバカバカしい

「人生は1回きり」なんていうのは、ありきたりなフレーズですが、これは本当にそうなのです。

もう二度と過去はもどってこないのです。今過ごしている1分1秒は二度と戻ってきません。

 

人の生き方にとやかくいうつもりはないけれど、人生は1回しかないのだから、何かを怖がって何もできないのは最高に時間のムダですよ、本当に。

 

簡単なことでもいいから、自分の決断で何か新しいことを始めてみましょう。

恐怖を克服する方法は「え、はじめてみたら大したことないじゃん」という感覚を連続で味わうことです。

やりたいことリストは「チャレンジ童貞を捨てるツール」

僕は3年間限定の「やりたいことリスト100」というものをつくって、一つ一つチャレンジしています。

www.update-plan.com

これは本当に始めてよかったなぁと思っています。

「やってみたら大したことないな」という体験を100回できるわけですよ。

ここまでやれたらもうやれないことなんて世の中にないのではないかと心から思えるようになれば、もう怖いものなしですよ。

 

「やりたいことリスト100」のおかげで僕は毎日楽しいことで埋め尽くされています。

なんの目標・目的もなしに漫然と一生を終えるとかおそろしくてできないです。

結果を出そうとする努力はしてね

バカすか宣言して何もせずに終わるみたいなことは避けましょう。

まずチャレンジしてみる。んでダメだったらすぐにやめるという流れがいいですよ。

はじめて、やってみるという経験だけが自分の力となるわけですから。

 

目標を宣言してフルコミット。なんか違うと思ったらやめるか路線変更。

こうやって結果を出していけば、自然と注目されるでしょう。