NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

「英語を使う仕事」は思っているより大したことなかった

f:id:updateplan:20180628075029p:plain

僕は中学生のころから「英語を使う仕事」にあこがれを抱いていました。

当時から英語が好きで得意でしたし「英語を使う仕事」ってなんだかかっこいいと思っていたからです。

 

そして現在、専門商社で英語を使って仕事をしています。

メールはもちろんのこと、海外から取引先が来訪してきたときは英語で会話をします。

部内で英語をはなせる人が僕しかいないので、通訳みたいなこともします。

実際やってみたら「大したことない」

今の会社に入って2年以上経過しましたが、正直「英語を使う仕事」は大したことないなという感想をもっています。

なぜなら、漠然と意識していた「英語はツール」という言葉が身にしみてわかるからです。

 

はっきりいって、TOEIC990点だろうが英検1級をもっていようが、海外経験が長かろうが、仕事の内容がわかっていないと自分の言いたいことはまったく伝わりません

流暢だけど仕事の内容がわかっていない人とカタコトだけど仕事の内容をよくわかっている人では後者のほうが圧倒的に伝わるのです。

 

「英語を使って仕事をする」というのは何もかっこいいものではありません。

むしろ仕事の内容がわかっていないのに、ドヤ顔で英語を話されても困るのです。

 

よくこんな漠然とした理由で就職活動をしていたなと自分をほめてあげたいくらいですよ。

英語を無理して必死に学ぶ必要はない

就職活動ではTOEICの点数などをとても気にする人がいますよね。

僕もそのうちの一人だったので、割と必死こいて875点まで伸ばしました。

 

でも、すでに書いたとおり「英語はツール」なのです。

日本語でじゅうぶん仕事をすすめることができますし、まずは仕事の内容をしっかり理解することに努めた方がいいですよ。

 

とくに僕は営業という仕事をしているので、製品の知識や仕事内容は熟知していないといけないし、やるべきことは「英語を話すこと」ではなく「営業成績を上げること」なのです。

 

なので英語はつかえなくて大丈夫です。

ただ、高収入を狙うのであれば英語は必須でしょうね。

年収2,000万くらいを狙える求人をみたことがありますが、すべて英語で書かれています。どういうことかわかりますよね?w

宙ぶらりんになった「英語力」をどう活かすか

さて、こうなると僕の英語力は行き場をうしなったことになります。

あんなに好きで得意だった英語はどこで活かせばいいのか、誰かの役に立つようにしたいと考えた結果、僕は「多言語学習コミュニティ」を立ち上げることにしました。

www.update-plan.com

僕は大学時代、英語以外の言語も学習するのが好きでした。

ちょっと手を付けた言語を含めれば8か国語学習したことがあります。

 

この語学好きを活かして、コミュニティを立ち上げることにしたのです。

何人か「言語学習好き」があつまって、一緒にテーマをもって海外旅行をして帰国後にプレゼンをしたり、外国人ともつながり、一緒にイベントを開催したりする予定です。

 

あくまで「言語はツール」というスタンスで、そこからなにをやるかということに焦点をあてていきます。

「楽しくかつ人のためになる言語の使い方はなにか」ということを考えた結果です。

 

漠然と「英語を使う仕事」ではなく、それで何をすべきなのか、何をしたいのかまで考えてみましょう。

ちなみにこのアカウント(ゴウ@多言語学習 (@multi_lunguage) | Twitter)で運用していますので、ぜひフォローをお願いします。