NOW UPDATING...

HASTA LA VISTA BABY

東京ディズニーリゾートのホテルに泊まった。すごいわ・・・

f:id:updateplan:20180702015727j:plain

2018年6月30日と7月1日に東京ディズニーリゾートのホテルに泊まってきました。

いくつかホテルがあるのですが、今回は「アンバサダーホテル」に宿泊しました。

 

当然、2日間あるので「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」も楽しんできちゃいました。

35周年記念ということでトップ画像のように特別なオブジェなどが設置されています。

1日目は東京ディズニーシー!

やはり土曜日ということでけっこう人が来ていました。

ごった返すのはテーマパークの宿命ですので、これに文句を言うことはナンセンス。

インディジョーンズ・アドベンチャー

一番最初に乗ったアトラクションはインディージョーンズ・アドベンチャー。

とにかく揺れます。外に放り出されるんじゃないかってくらい。

 

でも楽しいですよ。僕の見た感じはアトラクションを楽しまなさそうな人なんですけど、けっこう楽しんじゃいます。大きな声とか出しちゃいます。

 

最後の場面で写真を撮られるので注意が必要ですね。

前回いったときにこれを知らず、とんでもなく間抜けな顔を撮られたのがトラウマになっています。

レイジングスピリッツ

次は途中で一回転するアトラクション「レイジングスピリッツ」に乗りました。

スピードは正直そんなにないんですよね。このアトラクションの肝は「1回転する」というところなので。

 

たくさんものを食べた状態で乗るのは避けた方が良いと思います。

食べ物が口までレイジングしてスピリッツしますよ・・・

早めの昼食

大阪のUSJにいって学んだことなんですけど、テーマパークはぜったいに時間をずらして食事をとったほうがいいです。

そうすることによってアトラクションが混雑しているときに食事をとり、みんな食事をとるころにアトラクションを楽しむことができるからです。

考えてみれば当たり前のことなのですが、このことに気づいていない人の方が圧倒的に多いのです。

アクアトピア

これはね、僕の気にっているアトラクションなんです。

しかし、水をぶっかけらるverがもっと好きなんですけど、まだシーズンじゃないのでやっていませんでした。

 

やっぱりディズニーシーはびしょぬれになってナンボだと思うのです。

アクアトピアはその希望をしっかりかなえてくれるアトラクションです。

七夕days

7月7日は七夕ということで願い事を書く紙を配っていました。

僕はこういう願掛けイベントでは夢を書かないようにしています

 

夢は願っていてはかなわないのです。

「成績をあげたい」とか「志望校合格」とか「良い人に出会いたい」とか自力でどうにかできることをお願いするのはもったいないと思いませんか??

幻日環の発生

園内を歩いていると、やたら太陽を撮る人がいました。

なにが起きているのかと上を見上げてみたら、なんと太陽のまわりに虹ができていたのです。

幻日環とは??

幻日環(げんじつかん、英語:parhelic circle)とは、天頂を中心として太陽を通る光の輪が見られる大気光学現象のことである。でも同様の現象が見られることがあり、こちらは幻月環(げんげつかん)と呼ばれる。天頂を中心とした完全な輪になるものはきわめて稀にしか見られず、ほとんどの場合は太陽付近だけの弧として観察される。(かさ)、幻日などの他の大気光学現象と同時に見られることが多い。

幻日環 - Wikipedia

 自分、もってるなぁ…と思った瞬間でしたね。

当然、夜ご飯も早い

お昼ご飯と同様の理由で夜ご飯も早いです。

17時くらいにレストランに入れば、スムーズに席を見つけることができます。

食べ終わるころにはメチャ混みです。

それで、みんながご飯を食べている中でアトラクションに乗るのです。

ファンタズミック!は圧巻だった…

夜のイベントも圧巻でした。

今まで観たことない規模の催しでしたねぇ。マレフィセントドラゴンが出てくるところは驚き過ぎて目を見開いていました。

人を熱狂させることができるのはこういう圧倒的なイベントを創り上げることができるからなのでしょうね。

トイストーリーマニア

これはマジで面白かった。

的に向かって3Dの物体を飛ばして、点を稼ぐのですが、本当に熱中してしまいます。

ゲーム性のあるアトラクションって今まであまり無かった気がするんですけど、これはいいアイデアだと思います。

アンバサダーホテルにて宿泊!

「やりたいことリスト100」26個目にあたる「TDRのホテルに泊まる」を達成しました。感無量であります…

 

アンバサダーホテルで一番多いタイプである「スーペリアルーム」に宿泊しました。

今までビジネスホテルばかりだったので、大きさに感動しましたね。

 

エレベーターの音声はすべてミッキーの声でした。

「とうちゃーく!」など可愛い音声が流れて、ディズニーのホテルに泊まっているんだなぁという感覚になります。

 

アメニティも充実していて、1階にはコンビニもあるので食べる物や飲むものには何も困りません。ちなみに24時間営業です。

 

部屋の中にはところどころにミッキーのシルエットがあしらわれています。

壁紙から床からすべてミッキー仕様なのです。

 

価格についてはやっぱりディズニー価格ということで少々お高めです。

しかし、サービスや快適さにお金を払っていると思えば納得がいきますね。

 

同時に「お金を稼いでまた同じ思いをしたいな」と本気で思うようになりました。

お金で豊かさを変えるのであれば、それだけで頑張れますよね。

2日目はディズニーランド!

偶然、35周年記念のパフォーマンスに遭遇!

1日に1~2回しかやらないといわれる「紙吹雪」を入園した瞬間に観ることができました。

これはマジで自分、もってるなぁと感じた瞬間でした(2回目)

どれくらいすごいかというと、前にいた女子高生が泣くくらいすごいことなのです。

軽い悲鳴が起きていましたからね。

ビッグサンダーマウンテンは定番でしょう

けっこう好きです。ビッグサンダーマウンテン。

適度な速さで、スッキリしますよね。途中で手を振るのも気分がいい。

思えば、ジェットコースターってディズニーランドのしか乗ったことないな。

1日目と同じく、昼ご飯は早めに

このワッフルをはさんでハンバーガーにするという発想が新しくて好きでした。

あと鶏肉にメープルシロップってけっこう合うんですね。美味しかった。

スターツアーズは少し酔っちゃうね

スターツアーズは少しトラウマで、以前乗った時、めちゃくちゃ酔いまして、イッツアスモールワールドの船の中で真っ青な顔をしながらグロッキーになっていました。

 

今回はギリギリ耐えることができました。

食事を食べた後だったので不安でしたが、何とか乗り切ることができました。

 

今の時期はスターウォーズのチューバッカなどが一定の確率で出現するみたいですよ。

スペースマウンテンはメチャ速い…

実際、他のコースターより速いのか暗闇だから速く感じるのかわかりませんが、けっこう速いですよね、スペースマウンテンって。

僕はわりかし背が高いので鉄骨に体がぶつからないか心配になるアトラクションです…

またまた七夕days

東京ディズニーシーでも書いた願い事用紙ですが、今回も織姫と彦星に最高の気遣いをしました。

そうです。夢をかなえるのはまぎれもなく自分自身なのです。

夜ご飯は早い…

クリッターカントリーでスプラッシュマウンテンから聞こえる悲鳴がひびく中、夜ご飯をたべました。

ディズニーランドで販売されているものってどれも高めなんですけど、なんとなく納得しちゃいますよね。これがディズニーの魔法なのです。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター

これはディズニーシーのトイストーリーマニアみたいなシューティングゲームなんですけど、これも面白いですねぇ。

友だちやカップルできたら競い合えるので、もっと仲良くなれるかもしれないですね!

僕は彼女と競い合いましたが、大敗しました!!!!

最後に

ディズニーリゾートを楽しむには、ある程度お金が必要です。

しかし、それを払った分だけ満足度が高くなります。

アンバサダーホテルでの居心地がとても良かったので、ミラコスタなど他のホテルにも泊まりたくなりました。

 

ディズニーからは学ぶことも多く、他のテーマパークと違うなと思った部分は「代替案」が常に用意されていることでした。

今回あったのは「強風で予定されていたイベントが中止になった」ということに対する代替案としてはキャラクターが挨拶してくれるというサービスでした。

 

強風で背の高い乗り物にのってパフォーマンスをすることが難しいので、地上でサービスをすることに切り替えるという対応に「さすがディズニーだな」と感心してしました。

 

エンターテイナーとしては常に「代替案」を用意しておくことが顧客満足度を上げる一つの工夫になるのかなと思います。

あることができなくなっても、別のことで満足度をあげるという姿勢を貫きたいですよね。

 

「徹底的に世界観をつくりこむ」ということはブログにも必要な要素だと感じました。

その世界に入るとどんな満足感を得ることができるのか、こちら側から定義づけてしまうという考えです。

 

長年にわたって来場者を満足させるディズニー。

発信者として学びが多く、本当にいってよかったです。