NOW UPDATING...

日本で1番「経験豊富」な男です

屋久島旅行記【日本の世界遺産16か所目】

f:id:updateplan:20180923064337j:plain

2018年9月15日~17日で鹿児島県にある世界遺産「屋久島」に行ってきました。

僕にとって16か所目となる日本の世界遺産です。

本記事の内容

・屋久島について

・旅行記

屋久島について 

屋久島は鹿児島県から少し離れた離島にあります。

屋久島にいくには下記の3つの手段が存在し、時間とお金が違います。

空路

下の2社から離発着しています。

 

日本エアコミューター(http://www.jac.co.jp/

日本航空(http://www.jal.co.jp/

 

大阪、福岡、鹿児島から離発着をしています。

大阪(伊丹空港):日本エアコミューター(1便/日)で約90分

 

大人普通(片道):38,400円

子供普通(片道):19,200円

往復割引(片道):34,900円

 

福岡(福岡空港):日本エアコミューター(1便/日)で約65分

 

大人普通(片道):26,600円

子供普通(片道):13,300円

往復割引(片道):23,850円

 

鹿児島:日本エアコミューター(5便/日)で約30分

 

大人普通(片道):15,600円

子供普通(片道):7,800円

往復割引(片道):14,100円

【屋久島へ行きたい| (公社)屋久島観光協会 より

海路 

高速船とフェリーがあります。

高速船は鹿児島港から出航しており、最大で約4時間弱かかります。

フェリーは谷山港と鹿児島港より出航しており、4~11時間とかなりまばらです。

 

料金についてはここに転記すると膨大な量になるため、下記サイトを参考にしてもらえればと思います。

yakukan.jp

 

屋久島は約90%が森林で構成されている島であり、非常に多雨な地域です。

「屋久島は月のうち、35日は雨」といわれ、雨がふっていないほうが珍しいのです。

 

有名なのは「ヤクスギ」であり、屋久島で育ち、1,000年の樹齢を超えるモノを「ヤクスギ」と定義しています。

姫路城、法隆寺、白神山地とならび日本で初めて世界遺産に登録された場所になります。

旅行記

今回は鹿児島県を楽しむというよりは、完全に屋久島を楽しみにいってきました。

ちなみに都道府県としては30か所目となります。

 

成田空港からジェットスターに乗り、約1時間30分のフライトで到着しました。

www.jetstar.com

ご存知かと思いますが、料金はJALやANAより安価ですので利用しない手はありませんね。

夕方ごろに鹿児島空港に到着し、国分にて夕食をとりました。

「串膳つく根」で鹿児島の名産を食べました。価格もリーズナブルです。

鹿児島薩摩地鶏専門店–串膳つく根

 

翌日は朝早くの高速船に乗って、屋久島へ向かいました。

ちなみに縄文杉をみるためには、往復8時間以上歩く必要があるため、前乗りをおススメします。

白谷雲水峡

屋久島自然休養林 白谷地区である「白谷雲水峡」を散策しました。

僕は最初、森林の中を歩くのかと思っていたのですが、がっつり山登りでした

 

入山して少し歩くと、さつき吊橋にさしかかります。

f:id:updateplan:20180923075059j:plain

少々ゆれますが、心配しないでください。

 

さつき吊橋をすぎたあたりから、本格的に険しい道になりますのでご注意ください。

こけなどがありますし、雨のときはさらに滑りやすいと思いますので。

 

700mほど歩いていくと、くぐり杉に出くわします。

f:id:updateplan:20180923075609j:plain

この空間になっている部分で写真を撮ることが流行ってましたね。

ちなみにここを必ずしもくぐる必要はありません。迂回するルートがあります。

うしろに並んでいる方もいるかと思いますので、サクッと写真を撮りましょう。

 

森の中を歩いていると野生の猿に出くわすことができました。

f:id:updateplan:20180923080238j:plain

木の実みたいなものを食べていました。

どれくらいの頻度で出会うことができるのかはわかりませんが、この1回だけなのでそんなに多くないのかな。

 

くぐり杉から200mくらい歩くと、シカの宿という名前の木があります。

f:id:updateplan:20180923080435j:plain

小学校5年生が名付けたようです。たしかにシカが休めるほどのスペースが空いていますね。

 

シカの宿から40mほどで苔むす森に到着します。

f:id:updateplan:20180923064337j:plain

ここは『もののけ姫』の森のイメージとなった場所です。

本当にこの通り、緑一色におおわれているんですよ。

 

ここで一休みして、引き返しました。

当然、この先も道は続いているのですが時間的に無理だったので「苔むす森」を最後にして帰りました。

 

屋久島は白谷雲水峡以外にもたくさんルートがありますので、また屋久島に行きたいと思います。縄文杉をみれていないというのは非常に悔しいですからね。

 

昼は港の近くにある「屋久島観光センター」トビウオの定食を食べました。

同時にお土産を買っていってもいいと思います。

 

今回の旅はご覧の通り、屋久島を観光しただけですので鹿児島もしっかり楽しみたいですね。桜島などなどたくさん魅力的な場所がありますので。

はじめて九州に上陸しましたが、本当に穏やかで良い場所ですよね~